春のお悩み「花粉症」 ちょっとした暮らしの知恵でブロックしよう! | 大人のワタシを楽しむメディア
春のお悩み「花粉症」 ちょっとした暮らしの知恵でブロックしよう!

春のお悩み「花粉症」 ちょっとした暮らしの知恵でブロックしよう!

鼻水や鼻づまり、目のかゆみなど、花粉症の人にとって春はつらい季節。薬や対策グッズもたくさん出回っていますが、毎日の暮らしの中で服装や掃除をちょっと気をつけたり工夫したりするだけで症状が軽くなる場合もあります。そこで少しでも快適に過ごすための工夫を紹介します。


外出時には花粉対策を万全に

Getty logo

まず、花粉がたくさん飛散する日を知っておきましょう。前日や当日の未明まで雨で、その後の天気が晴れまたは曇り、風が吹き気温が高く湿度が低い日は要注意。中でも飛散が多いといわれる午後1時から3時ごろまでの外出は控えたいもの。

外出する場合は、花粉が目や鼻に入るのを防ぐためにメガネとマスクは必須。帽子や丈の長いコート、首筋をガードするマフラーやスカーフを身に着けるのも効果的です。コートはツルツルした素材のものがおすすめ。ウールやフリース、ファー素材は花粉がつきやすいので避けたほうがいいですね。

花粉が肌につくと肌荒れの原因にもなります。ノーメイクでの外出はやめ、せめて日焼け止め+お粉程度はつけて出かけるようにしましょう。また、静電気は花粉がくっつきやすくなるので大敵です。静電気防止のスプレーを利用するのもいい方法です。

帰宅時は花粉を家に持ち込まないように

Getty logo

花粉が飛んでいるのは屋外なのに、室内でも症状が出るのは、花粉を外から持ち込んでしまうから。狭い室内の空間で花粉が舞い上がると、屋外よりも濃縮された花粉を吸い込んでしまうことになるわけです。そこでできるだけ持ち込む花粉を減らすのが肝心です。

家に帰ったら、衣服についた花粉を玄関でシャットアウト。帽子やコートを脱いだら、手で叩くかブラシでしっかり花粉を落としましょう。ただ、このときにあまり強く叩いたりブラシでこすったりすると、かえって花粉を周囲にまき散らすことにも。衣服用の粘着テープなどで、そっとなでるように拭き取るのも手です。それでもすべての花粉は落としきれないので、室内に入ったら着替えるのがベタ―。脱いだ衣服は部屋に置きっ放しにしないで、すぐに洗濯機に入れます。洗顔や手洗い、うがいも忘れずに。

家の中での花粉対策もしっかりと

Getty logo

花粉が飛散しているときは、窓を閉めて花粉の侵入を防ぐことが大切。換気する場合は、花粉が飛んでいない深夜か早朝に。

洗濯物は外干し厳禁です。においが気になるなら部屋干し用の洗剤や柔軟剤を利用してもいいでしょう。布団の天日干しも花粉が飛んでいる時期は我慢して。どうしても干したいときは花粉の量が少ない午前中にして、取り込むときはしったり叩いて花粉を落とし、さらに表面に掃除機をかけると完璧です。

気をつけていても室内にはかなりの量の花粉が侵入しているので、掃除は毎日行いましょう。フローリングや畳の場合は拭き掃除が効果的。はたきをかけたり、ほうきで掃き出したりするのは、花粉が舞い上がるので避けます。また、静電気を帯びる電気機器には花粉が付着しやすいので、こまめに拭き取って。

寝る前には、お風呂やシャワーでしっかり花粉を洗い流してから布団に入ります。花粉を吸い込まないようにマスクをつけたり、空気清浄機を使ったりするのもぐっすり眠るためにはいい方法です。

毎日の生活習慣で気をつけたいこと

Getty logo

花粉対策をしっかりしているのに、よくならないどころかつらくなっている…。そんな人は、知らないうちに花粉症を悪化させる習慣があるのかも。

夜更かしの習慣は、睡眠不足の原因になります。睡眠が不足すると免疫やホルモンのバランスが崩れ、花粉症がさらにひどくなってしまうことになります。また、ストレスをため込むのもよくありません。自律神経を狂わせたり免疫バランスが崩れたりするため、ちょっとの花粉にも過剰に反応してしまいます。

日頃から趣味やスポーツなどでストレスをためないように心がけましょう。ただ、ストレス発散とはいえ、お酒の飲みすぎはNG。お酒は血管を拡張させ、鼻づまりや目の充血を起こりやすくします。春はお酒を飲む機会が増えるシーズンですが、飲みすぎには注意が必要です。

ちょっとした工夫や習慣を見直すことで、花粉シーズンを少しでも楽に過ごしましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ワインとおいしいもの大好き!毎日の生活をちょっと楽しくしてくれる情報をキャッチして発信していきま~す。

関連するキーワード


花粉症 症状 軽く

関連する投稿


昨日まで平気だったのに… ある日突然発症する大人の食物アレルギー

昨日まで平気だったのに… ある日突然発症する大人の食物アレルギー

厚生労働省によると2人に1人は何かのアレルギーがあるとされるなか、関心を集めているのが食物アレルギー。こどものうちに発症するイメージがありますが、実は大人になって発症するケースも多く、一度なってしまうと治癒は難しいのが現状。そんな大人の食物アレルギーについて症状や予防法を紹介します。


その症状更年期かも!アラフォー特有の症状をチェック

その症状更年期かも!アラフォー特有の症状をチェック

何だか最近イライラするし体の調子もイマイチよくない。これは歳のせいなのかと諦めていませんか。老化現象はある意味仕方ないですが、実はそれらはアラフォー特有のアレが原因かもしれません。ずばり更年期障害です。


35歳 更年期が気になり始めたら 体の症状別セルフケア方法

35歳 更年期が気になり始めたら 体の症状別セルフケア方法

30代までとは異なり40代をカウントすると、思ってもみなかった不調に悩まされることが出てきます。更年期に入ることは決して不安を煽るものではなく、症状に応じたケアで乗り切っていくことは、決して無理な話ではありません。


なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

更年期障害とは、閉経を挟んだ45歳から55歳の約10年を目処に、体調の乱れや精神が不安定になるなどの症状が起こります。要因としては、閉経に伴って、女性ホルモンの分泌が低下することによって起こると言われています。こうした「更年期障害」ですが、どのような症状が現れるのでしょうか?


更年期は大人のゆらぎ 40代からはじめるケア方法

更年期は大人のゆらぎ 40代からはじめるケア方法

更年期障害は、基本的には45歳から55歳の、閉経を挟んだ10年間に起きる障害のことを言います。ですが、最近では「若年性更年期障害」と言って、30代後半から40代前半の女性にも更年期障害が起きることが多いと言います。40代を過ぎたらいつ訪れるか分からない、この更年期障害に向けて日常でできる対策をご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


お家にいながらラクラクキレイ!宅配クリーニング徹底比較

お家にいながらラクラクキレイ!宅配クリーニング徹底比較

毎日の慌ただしさに流されて、クリーニングに出せないまま眠っている洋服はありませんか? そんなあなたの味方になってくれるのが、宅配クリーニング。家で受け渡しできるだけではなく、ハイクオリティの技術によるすばらしい仕上りや女性心を抑えた各店オリジナルサービスが注目を集め、利用者急増中のシステムです。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

「年齢とともに食事が食べられなくなってきた」「胃が重い、むかむかする」などと感じることはありませんか? 40歳を過ぎると感じやすくなる「胃もたれ」。どうして更年期に起こりやすくなるのかを解明し、今すぐ症状をラクにするツボや、日常生活の中で胃もたれを予防・改善する方法についてご紹介します。


ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

日々の生活に追われ、食事の時間は適当にお皿をチョイスして料理を盛り付けササッと済ませる…そんな日常になっていませんか?食事は味覚だけではなく目で見てたのしむことで、よりいっそう豊かなものになります。そこで、毎日の食卓からホームパーティまで、ちょっとしたひと手間で華やかに見えるテーブルコーディネート術をご紹介します♪


「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。前回のコラムでは、好きな相手を落とすために網を張る方法をお伝えしました。 今回は、いよいよターゲットの『捕獲』です!ただし、とてもパワフルな方法なので、その気のない男性に使うなど悪用は厳禁です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google