ピルスナー・ピールエール・IPA… “クラフトビール”の世界を学んで楽しく飲もう♪ | 大人のワタシを楽しむメディア
ピルスナー・ピールエール・IPA… “クラフトビール”の世界を学んで楽しく飲もう♪

ピルスナー・ピールエール・IPA… “クラフトビール”の世界を学んで楽しく飲もう♪

全国で続々と醸造所がオープンし、空前のブームになっている「クラフトビール」。しかし実際には、通常のビールとなにがどう違うのか、よく分からない人が多いはず。そこでクラフトビールの基本を学び、その世界を思いっきり楽しみましょう!


クラフトビールってそもそも何?

Getty logo

ここ数年で「クラフトビール」という言葉を目にする機会が増えてきたのではないでしょうか? 各大手メーカーからも「クラフト」とついた商品もさまざまリリースされ、お店で目にすることが多くなりました。現在では、ビアカップ(ビールの大会)やフェスタなどのイベントもさまざま開催されています。では、クラフトビールとはどのようなビールなのか? 少し前に流行った「地ビール」との違いはどこなのか? そこからご説明します。

地ビールからクラフトビールの時代へ

Getty logo

1994年にビール酒税法が改正され、最低製造数量が2000klから60klに規制緩和が行われました。これにより全国4大メーカー以外にも小規模のビール製造会社が誕生しました。「地ビール」の始まりです。一時はブレイクしたものの、ご当地性が強く出てしまったり、高価格、品質などの問題で、ブームも沈静化していきました。

その後、登場したのが「クラフトビール」です。小規模なビール醸造所でビール職人が造っているビールを指します。職人が造り出す高品質なビールを「手工芸品=クラフト(Craft)」に例えて、クラフトビールと呼んでいます。
ブームの理由としては、醸造技術が向上し、ハイレベルのビールが生産できるようになったなどの点にあり、事実世界大会で日本のビールが賞を得ています。

一年中飲める種類もありますが、季節の食材を使ったものや、地場の麦で作ったもの。さらにブルワリー同士がコラボレーションしたものなど、その醸造所により作り方、配合などが違うため、種類や味わいが異なるのが魅力。愛飲家が増え続けています。

基本の7種を抑えれば、怖いものなし!

Getty logo

大手ビールメーカーと異なるのは、バリエーションの豊富さですが、基本的には、ピルスナー (Pilsner)、ペールエール (Pale Ale)、IPA(アイピーエー、India Pale Ale )、ヴァイツェン (Weizen)、フルーツビール (Fruit Beer)、スタウト (Stout)、バーレーワイン (Barley Wine)の7種類に分かれます。その7種をご紹介します。

まず「ピルスナー」は、日本の大手ビールメーカーが造っている黄金色のビールです。「スーパードライ」、「一番搾り」、「エビス」が挙げられます。アルコール度数は3~5%で、ホップの香りが程よく、喉越し爽快で、苦みのキレがいいのが特徴。軽いテイストなので、初心者におすすめです。

「ペールエール」はピルスナーに比べると、ホップの香りがモルトより強く出ています。ピルスナーが好きな方は、「濃い」と感じるかもしれません。次のステップとして、ペールエールを注文してみてはいかがでしょうか。

一度飲めばハマル人気の「IPA」

Getty logo

「IPA(アイピーエー)」は、ホップの量を増やして造っているため、苦みが際立ちながらもフルーティ。アルコール度数は高いですが、クセになる味わいです。なぜ名前にインドが付きホップが多いのか? 昔、イギリスからインドまでビールを運ぶ際、腐敗しないようにホップを多量に使ったからと言われています。

「ヴァイツェン (Weizen)」は、小麦から作られたビールで、ドイツヴァイエルン地方の伝統的なビールです。アルコール度数は5~5.5%。ホップの香りや苦みは少なくて、小麦本来の旨味がポイント。さらにバナナ、マンゴーなど南国系のフルーツの香りがします。

「フルーツビール」は、フルーツをビールができる前の液体に漬け込んだり、フルーツを加えて造られます。アルコール度数は3~6%で、フルーツにより甘いものもあればドライなものまでさまざま。ピンクや青などカラフルな色のビールもあり見た目も楽しめます。

「スタウト 」は、黒い色のビール。スタウト=強いという意味ですが、味ではなく色と香りが強いのが特徴。アルコール度数4~7%で、ドライですっきりしていて飲みやすいのが特徴。むしろIPAの方が苦みが強いかもしれません。

「バーレーワイン」は直訳すると麦のワイン。ワインのように熟成して造るので、アルコール度数が7~14%と高めです。カラメルのような熟成香が漂い、苦みは弱めですがかなり濃厚。寒冷でブドウの栽培ができなかったイギリスが、ワインに対抗して造ったといわれています。

お店を巡り、好きなクラフトビールを探しましょう

Getty logo

クラフトビールによりグラスの形を変える店もあります。さらに注ぎ方、泡なども各店で異なります。

現在、種類もどんどん増え続けているほか、日本や世界の醸造所からクラフトビールをセレクトしている専門店もあります。さまざまな店へ足を運んで、スタッフの方と作り方や味について話しながら飲むのもおすすめ。飲み比べを楽しみ、お気に入りのクラフトビールを見つけてみてはいかがですか?



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美味しいものとお酒が大好き! これまでどれだけ費やしたかわからないほどですが、現在も絶賛食べ飲みまくり中!

関連する投稿


メゾンカイザー“初”のビアガーデン! 自慢のパンとビールが食べ飲み放題。バックリブの特製プレートも登場☆

メゾンカイザー“初”のビアガーデン! 自慢のパンとビールが食べ飲み放題。バックリブの特製プレートも登場☆

フランスの伝統的な製法を守るベーカリー「メゾンカイザー」が開店以来初となるビアガーデン「MAISON KAYSER presents Summer Beer Garden」を8月1日 (火)~9月8日(金)まで開催します! 自慢のパンとビールが食べ飲み放題でバックリブの特製プレートも登場!これはもういくっきゃありません


芝浦「CRAFT MEAT(クラフトミート)」低予算でクラフトビールと肉料理を満喫【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #4】

芝浦「CRAFT MEAT(クラフトミート)」低予算でクラフトビールと肉料理を満喫【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #4】

中沢文子の女・酒場巡礼第4回は、芝浦「クラフトミート」。現在、ブレイクしているクラフトビールですが少々高値が気になるところ。東京の港区芝浦にある「CRAFT MEAT」は、旬のクラフトビールを1パイント一律810円で飲むことができるうれしいお店。フードは店名通り肉料理メイン。ホルモンの店が母体のため、こちらもリーズナブルな価格。がっつり食べて飲んで、パワーアップしませんか?


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「旦那とセックスしたくない…」“夫やパートナーと3回セックスしたくないと思ったら見直し時”。夫婦仲相談所の三松さんはそう語ります。産後やライフスタイルの変化、加齢…セックスしたくなくなる理由や原因には根深く複雑な女心が絡んでいるようです。


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google