不倫の恋で泣かない女になるために…オトナの恋の掟とは?【神崎桃子の恋愛指南 #5】 | 大人のワタシを楽しむメディア
不倫の恋で泣かない女になるために…オトナの恋の掟とは?【神崎桃子の恋愛指南 #5】

不倫の恋で泣かない女になるために…オトナの恋の掟とは?【神崎桃子の恋愛指南 #5】

「不倫なんて絶対しないって思っていたはずなのにいつの間にか…」。誰しも最初から「不倫の恋がしたい!」なんて思っていないでしょう。しかし思いがけないきっかけで始まってしまうのが不倫。あれよあれよという間に始まり、抜けられなくなって辛い思いをしているあなたへ。不倫の実態を恋愛コラムニスト神崎桃子さんが教えてくれました。


“不倫の恋”は自分の行動を制限しなければならない

Getty logo

「この人は私を認めてくれる……本当の私を理解してくれてる」
「あの人には仕事の相談だけでなくなんでも話せる」
「ただの上司なんかじゃない、彼は私の支え」

……アラフォーともなれば自分がそう感じる相手は“いつも妻子持ち”なんてことはよくあるハナシ。

そしてさらに始末が悪いのが
「一度きりのはずだったのに」
「割り切っていたのに」
「イケナイと分かっていたのに」……と、
心のブレーキがきかなくなりいつの間にか不倫の恋に足を踏み入れてしまうこと。

その恋は周りに公言できる恋愛でなく
「いつ会えるかわからない」
という切ないおまけつき!

どんな恋だってルールや制限はあれど、“不倫の恋の制約”は厳しいもの。
しかも相手の男性が既婚者で自分は独身者である場合はさらにこちらの制限は多くなるのだ。

自分の寂しさを相手にぶつけてはならない

Getty logo

「会いたい時には会えない」
「連絡したいときにできない」
のが人の道に外れた恋の条件である。
次の約束ができなくとも、不安に押しつぶされそうになっても、自分の寂しさを相手にぶちまけてはならない。

しかも「“大事な日”や“特別なとき”にこそ会えない」ということも肝に命じておかなくてはならない。女の好きな記念日やイベントに執着してはいけない。
クリスマスもお正月もゴールデンウィークも彼の誕生日も相手の家族のもの。

彼は「ごめん、その日は仕事になっちゃって……」「トラブルが発生して行けなくなった」などと嘘や言い訳をしてくるだろう。
二人の記念日や誕生日に相手の家庭の事情で会えなくて悲しい思いをするくらいなら、最初から期待しないこと。

相手に疑問を抱いたとしても、相手が嘘をついたとしても、被害者ヅラして相手を責めることはできないのだ。

男に嘘をつかせてしまう原因は自分にあるのだから……。

相手の奥さんに嫉妬の目を向けてはいけない

Getty logo

不倫の恋で辛いのは現実を見せられること……。
男はこちらが聞きたくもない情報をうっかり流してしまうことがある。
家庭の匂いなんてさせないでほしいのに、子どもの運動会や休日に家族で出かけたことなどを悪びれずに話してしまう。

SNSの投稿でその情報を知ってしまうこともあるだろう。奥さんとの外食の様子や仲睦まじい姿、子どもから父の日にもらったプレゼントなどの写真がUPされていたらブチ切れたくもなるだろう。

知りたくなかった真実を見せられてしまうと女は意地になるもの。
奥さんのことを知れば知るほど嫉妬心は煽られる。

そのいやらしい嫉妬から
「なんでこんな奥さんと……」
「わたしのほうが女としてイケてる」
「私のほうが愛されてるハズ」
と自分に自信を持たせるために自分に“叱咤激励”してしまうのだ。

だが男性にとって結婚と愛人(恋人)は別腹。
既婚男性が妻に求めていることと、不倫相手に求めることは違う。
立場の違う愛人にとって妻は嫉妬の対象ではないのだ。

相手の言葉を鵜呑みにしてはいけない

Getty logo

「本当に愛しているのはキミだけ」
「妻とはうまくいっていない」
「妻は女じゃない」
「もっと早く出会えてたら……」

久しぶりの逢瀬で強く抱きしめられてしまえば「……やっぱりこの人とは離れたくない」と思うのが女の脆さ。

ベッドの上での男の常套句は一時的に女を酔わせてくれる甘い蜜である。
その場では甘美なものであってもその言葉を決して鵜呑みにしてはならない。それをひとたび信じてしまえば、それはあとで辛く苦いものに変化する。

男がいう「もう少し待ってほしい」という愛の戯言を信じる女は、不倫には向かない。
会っている時間だけを楽しみそれ以上は望まないことができない女に不倫という名の恋をする資格はない。

不倫で泣かない女になるためには……待つ女にならないこと

Getty logo

不倫において待つ女となるほど惨めなことはない。
男はたとえシングルであっても無意識のうちに自分の予定や状況を優先し、交際相手には俺の都合に合わせて欲しいと心のどこかで思っているもの。それが家庭持ちならなおさら「俺の事情を理解してくれるよね」となる。

不倫の多くは男性からの連絡や約束を女が待つことで成り立っていることが多い。
これが不倫の呪縛である。

彼と会いたいがために予定を空けておく、突然のお誘いに備えて他の約束は入れない……なんてことで自分の時間を奪われてないだろうか?彼と会えるかもという僅かな期待に自分を縛ってはいないだろうか。

恋に縛られた女には必ず悲しい結末が待っている。
「私は何があっても相手を恨まない、責めない」「相手に期待しない、求めずぎない」という潔さや覚悟を持つことこそ不倫の掟なのだ。

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

最近夫がそわそわしているみたいだけど、何かあったのかな? 妻に理由を告げずに浮かれた様子が見えるときは、「倫活」を一度疑ってみましょう。不倫なんて考えたくないのが本音ですが、放っておくと先に進んでしまう可能性があります。いきなり詰め寄るのは逆効果。まずは夫の様子を観察して、倫活しているかどうかを見極めましょう。


セックスレスで淋しい… 妻側の欲求不満は我慢すべき?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#12】

セックスレスで淋しい… 妻側の欲求不満は我慢すべき?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#12】

妻の欲求不満問題:夫が全然誘ってくれない。セックスレスで欲求不満…もう我慢できない!浮気するしかない?どうしたらいいの。セックスレスになると、満たされなくて辛いですね。つい衝動に任せて行動しそうになりますが、不倫は取り返しのつかない事態に発展する恐れも。まずは夫ともう一度向き合うことから始めましょう。


うちの旦那に限って…! 浮気を察っした時かしこい妻は何をするべきか【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#4】

うちの旦那に限って…! 浮気を察っした時かしこい妻は何をするべきか【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#4】

最近、何だか夫の様子がおかしい…。もしかして、浮気してる!?そんなとき、いきなり問い詰めるような真似は避けましょう。まずは本当に浮気をしているかどうかをきちん確認することが肝心です。そして、もし浮気が確実であった場合は、「あなたがどうしたいか」を考えて行動する必要があります。


「この先ひとりはイヤ!結婚したい!」アラフォー女が婚活市場で勝負するには【神崎桃子の恋愛指南 #6】

「この先ひとりはイヤ!結婚したい!」アラフォー女が婚活市場で勝負するには【神崎桃子の恋愛指南 #6】

「今までひとりで気楽にきたけれどやっぱり老後はひとりはイヤ!」と真剣に婚活を始めるアラフォー女性も多いだろう。しかし実際婚活市場に出てみると現実は厳しく腹ただしい思いをすることもしばしば…。そんなすべての女性たちへ、恋愛コラムニスト神崎桃子さんからためになるお言葉をいただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google