生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ | 大人のワタシを楽しむメディア
生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

日本女性の平均的な閉経年齢と言われている50歳に向けて、40代半ばあたりから体調の変化を少しずつ感じ始める女性が多いようです。生理不順、イライラ、ホットフラッシュなど、更年期障害には心と身体に影響を与える様々な症状があります。いざという時にその症状に悩むことのないよう、今からしっかりと更年期の症状を知っておきましょう。


症状1.生理不順・生理痛

一般的に、生理の周期は25日~38日程度と言われています。40代~50代となり、これまで定期的だった生理の周期が長くなったり、短くなったり、あるいは経血の量に変化を感じ始めたら、それは「更年期生理不順」かもしれません。更年期生理不順が起こる要因のひとつが、卵巣機能の低下です。生理が不規則な状態がある程度続いた後、生理が来なくなり、その状態が1年以上経過すると閉経を迎えたと考えられます。

更年期生理不順の場合、急に経血の量が増えたり、不意に生理が始まることもあるため注意が必要です。常に生理用ナプキンや替えの下着を持ち歩くなどの準備をしておけば、もしもの時にも安心です。

また、「機能性出血」と呼ばれる月経とは別の不規則な出血のほか、子宮筋腫や子宮がんを原因とした「器質性出血」と呼ばれる不正出血もあります。生理痛のような痛みも、子宮収縮によるものや子宮内膜症、子宮腺筋症などが原因の場合もあるため、何か気になる症状がある場合には、一度、婦人科に相談してみることをおすすめします。

症状2.めまい

更年期に入り、閉経が近づいてくると女性ホルモンの分泌が急激に少なくなり、ホルモンバランスが崩れます。それによって自律神経が乱れ、血圧が不安定になることなどを起因として、めまいやふらつきなどの症状を引き起こすと考えられます。

更年期障害でのめまいにはいくつかの種類がありますが、一番多いと言われているのが「浮動性めまい」です。浮動性めまいは、足元がふわふわ・ゆらゆらとしたような感覚に陥るのが特徴です。また、天井や周囲がぐるぐると回って見える「回転性めまい」や、目の前が暗くなる「立ちくらみ」のようなタイプもあります。中には、吐き気や耳鳴りを同時に引き起こしたり、長期にわたって繰り返している場合には肩こりを感じている人もいるようです。症状が現れた時には、とにかく安静にすることが大切。可能であれば横になって、静かに治まるのを待ちましょう。

更年期障害が原因の場合、月日の経過に伴って自然と治まるケースがほとんどです。しかし、鉄欠乏性貧血やメニエール病、脳疾患などほかの病気が隠れている可能性もあるため、医療機関で検査を受けておくと安心ですね。

症状3.イライラ・うつ

更年期障害では、イライラやうつなどの精神症状を引き起こす場合もあります。その原因のひとつと言われているのが「セロトニン」の機能低下です。セロトニンは精神の安定や幸福感に関わる物質ですが、女性ホルモン「エストロゲン」の欠乏によってもその機能が低下します。閉経前後の女性ではエストロゲンの分泌量が急激に減少するため、焦燥感や不安感が現れると考えられます。

また、40代~50代の女性は子育てが一段落ついたり、親の介護や死別などで生活環境が大きく変化する時期でもあります。そうした心身のストレスも相まって、よりイライラやうつ症状を悪化させている可能性もあるでしょう。

自分の心の変化に戸惑い、罪悪感を感じる人もいるかもしれません。しかし、何よりも重要なことは心身の休養です。あまり深く気に病むことなく、リラックスできる時間を設けることが大切です。朝日を浴びたり、好きな香りを嗅ぐことでもセロトニンの分泌が盛んになることがわかっています。ちょっとした工夫を生活に取り入れて、更年期の辛い時期を乗り切りましょう。

症状4.ホットフラッシュ

更年期の症状としてよく知られている「ホットフラッシュ」。急に顔が熱くなったり、のぼせたり、身体が汗ばんだりなど、症状や程度には個人差がありますが、更年期の女性の多くが経験していると言われています。全体の約半分の人が4~5年、中には15年以上もの間、ホットフラッシュに悩まされている人もいます。

家でひとりで過ごしている時や買い物の最中など、いつでもどこでも症状が現れるのがホットフラッシュの特徴です。症状が重い人では、夜中に大量に汗をかくために不眠症を引き起こしているケースもあります。体温調節がうまくいかない場合もあるため、自由に脱いだり、羽織ったりできる服装を心がけると便利です。

ホットフラッシュにはホルモンの補充や漢方治療などが行われており、症状を軽減できる可能性があります。ただし、ホルモン補充療法では、不正出血や胸の張り、体重増加などが起こることもあると言われています。また、乳がんや子宮がんのリスクが高まると言われていた時期もあるため、医師と相談しながら、よく考慮した上で治療を始めることが大切でしょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

WOMeで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー前半です。


【大人の薬膳レシピ】冬が旬の「牡蠣」を使った時短レシピで更年期障害を予防・改善

【大人の薬膳レシピ】冬が旬の「牡蠣」を使った時短レシピで更年期障害を予防・改善

アラフォー女子にとって気になる更年期。めまいや耳鳴り、手足の冷えや火照り、頭痛や肩こり、イライラや落ち込みなどさまざまな症状に悩まされます。中医学では、更年期障害は「肝・心・脾・肺・腎」の五臓の老化現象とされています。そこで今回は、“肝”の働きを強化する「牡蠣」を使った薬膳レシピをご紹介します。


月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

30代後半から40代前半にかけた、いわゆる「アラフォー」世代では、生理不順や月経前症候群(PMS)が酷くなるなどの症状が起こりがちです。「これって、もしかして更年期?」と心配になる人もいるでしょう。こうした、アラフォー世代が悩んでいる「生理」に関する不調に関してまとめてみました。


めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

40代後半くらいになると女性の多くは、今までに感じたことのないような体の不具合を感じることがあります。この症状は更年期障害と呼ばれ、人によってばらつきはあるものの、大体5年程度で落ち着く症状だと言われています。


更年期は何歳から? 年齢によって違う症状や対策方法

更年期は何歳から? 年齢によって違う症状や対策方法

更年期って一体何歳から始まるの? 日々年齢を感じるアラフォー世代。この先の更年期に憂鬱になっていませんか。女性ホルモンが減少していく上に、ホットフラッシュや頭痛などの症状に悩まされるなど、更年期に良いイメージを抱いている人は少ないのではないでしょうか。閉経の平均年齢50歳を挟んだ前後10年間と、長く続く更年期に現れる症状や対処法などを見ていきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


時短料理のための下ごしらえのコツが知りたい

時短料理のための下ごしらえのコツが知りたい

人は、食べなければ生きていけません。あなたの身体はあなたが食べたものからつくられている。だからこそ日々の食事で、自分の健康状態やライフスタイルに合わせた食材や調理法を選ぶことが大切。同じ食材といえど、目的や用途によって最適な下ごしらえは変わります。今回は、とにかく時間がない!という人への下ごしらえのコツをご紹介します。


ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

「なんかピンと来なくて」とピンと来るのを待って気が付けばアラフォー。受け身で好きになれそうかどうかを待っていたらあっという間におばあちゃんになります。出会ってビビビと恋に落ちる方とあなたは違うの。出会う男性を彼氏になりえるかどうかで仕分け続けて男友達もいない女性にビビビは来ません。


【大人の薬膳レシピ】ピリっと刺激的な山椒とニラで冷えタイプの便秘改善

【大人の薬膳レシピ】ピリっと刺激的な山椒とニラで冷えタイプの便秘改善

便秘によい食材というと食物繊維がたっぷりの「ごぼう」や「バナナ」が思い浮かぶのでは? 薬膳では便秘を、「熱タイプ」「冷えタイプ」「貧血タイプ」「ストレスタイプ」「元気不足タイプ」の5つに分けて考えています。そこで今回は「山椒」と「ニラ」を使い、女性に多い冷えタイプの便秘におすすめの薬膳レシピをご紹介します。


「セックスしよ!」昭和の名台詞が秀逸すぎる! なつかしドラマ3選【今むしょうに見たい!懐かしいドラマ編 #2】

「セックスしよ!」昭和の名台詞が秀逸すぎる! なつかしドラマ3選【今むしょうに見たい!懐かしいドラマ編 #2】

ドラマに名台詞はつきものですよね。人気ドラマの放送日の翌日には、学校でシーンを再現して盛り上がったものです。ひょっとしたら実生活でも使ったことがあるという人もいるかもしれません。そこで今回は、「アラフォーならシチュエーションとセットで今でも完コピできる!」くらいの名台詞が登場するなつかしドラマを振り返ってみましょう。


【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

WOMeで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー前半です。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google