ホルモンをたっぷり分泌!熟睡の秘訣は朝にある【睡眠できれいになるコツ #8】

ホルモンをたっぷり分泌!熟睡の秘訣は朝にある【睡眠できれいになるコツ #8】

睡眠中はさまざまなホルモンが分泌されます。しかし、質の悪い睡眠だと分泌量も減ってしまい、さまざまな体調不調の原因になります。睡眠の質を最大限にするための鍵は朝にあるという事をご存知でしたか? 睡眠中に身体が「再生工場」として働くために必要なのがホルモン。今回はホルモンの種類と、効率的に生成させる秘訣をお伝えします!


アンチエイジングホルモン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私達の体内には、100種類以上の様々なはたらきのホルモンが巡っています。その中でもアンチエイジング系のホルモンの代表格が「メラトニン」です。

メラトニンは、睡眠の質を良くする働きがあるとして有名ですが、アンチエイジングの大敵である「活性酸素」を無害化してくれる働きもあるのです。活性酸素は細胞を錆びさせる存在であり、活性酸素対策は美容にはもちろん動脈硬化、高血圧、糖尿病など様々な病気のリスクを減らすのにも重要です。

しかしメラトニンは人工的な光に弱いのが特徴で、寝る前のスマホ、PC、テレビなどは大敵です。アンチエイジングのために、就寝1時間前には人口の光を抑えるようにしましょう。

痩せホルモン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

痩せホルモンの代表格は、成長ホルモンです。成長ホルモンは成長期に身長を伸ばしたり、骨や身体を作るホルモン、というイメージが強いですが、大人にとってはエネルギー消費・脂肪分解に大きな影響はあるのです。

成長ホルモンは、寝始めの3時間の深い睡眠中に盛んに分泌されます。そして、深さに連動して分泌されるため、眠りが浅いと成長ホルモンの分泌は減り、太りやすい体質になります。その差は一晩200キロカロリー、つまり一ヶ月で6000キロカロリーです。眠りが浅ければ成長ホルモンとともに夜間の消費カロリーが減り、脂肪も分解されにくくなってしまいます。痩せるためには、深い眠りが重要なのです。

食欲ホルモン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

食欲を抑えるホルモンであるレプチン、食欲を増進するホルモンであるグレリン、この2つのホルモンの分泌は睡眠に影響されます。

睡眠の時間や質が充分であれば、リズム良く分泌されます。しかし睡眠の時間や質が悪ければ、バランスが崩れ、必要以上のカロリー摂取につながります。睡眠が悪い事で、食欲のバランスもみ乱れ、カロリー消費も減り、太りやすいスパイラルに陥ります。なんだか最近太りやすい、と思ったら、運動や食事制限よりも先に睡眠を見直してみると、ホルモンバランスが整って痩せやすい体質を目指せます。

ホルモンの材料は朝に摂る!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

これらのホルモンに共通する原材料は「トリプトファン」というアミノ酸です。トリプトファンがホルモンになるまでに、15〜16時間かかります。つまり、睡眠中にホルモンを分泌させるためには逆算して朝にトリプトファンが含まれているたんぱく質を摂取する事が必要なのです。豆腐、納豆などの豆類がオススメですし、豆乳やプロテインも手軽に摂取できて取り入れやすいです。トリプトファンは睡眠ホルモンの材料でもあるので、良質な睡眠が得られ、他のはたらきのホルモンの分泌も活性化させて、一挙両得です。

他にも、日中に空腹を感じる事や適度な運動をする事でもホルモン分泌は促進されます。間食は控え、規則正しい時間に食事をとる習慣は、良質な睡眠のためにも、ホルモンの分泌のためにも重要なのです。

朝にとったホルモンの材料を活かすには

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ホルモンの材料を朝に摂る事が大事です。そして、その材料をホルモンにスムーズに合成するまでにはコツがあります。
朝は朝食を抜かず、常温の水を飲む、日光をできるだけ浴びるようにする、適度に空腹を感じる、適度に運動をする、夜は照明を暗くする、入浴で身体を温める、寝る前に軽いストレッチをする、寝室の空気をきれいにする、等です。

そういった工夫によって、ホルモンの分泌を安定させる事ができ、アンチエイジングやダイエットにつながります。是非、実践してみてください!

睡眠栄養アドバイザー® 山口 真由子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

睡眠栄養アドバイザー®/忙しい人でも実践できる独自の睡眠改善ノウハウ、睡眠の大切さ、奥深さについて書いていきます。

関連する投稿


“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#3】

“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#3】

アラフォーから始める美肌作りの第二回目は年齢を重ねたお肌に“ゴシゴシ”なんてもってのほか! という記事です。「洗顔だってちゃんと泡立ててるし、化粧水だって優しくパッティングしてる!」という方も、もしかしたら“ゴシゴシ”の定義がそもそも違うかもしれませんよ…。


【エモまと】穏やかな気分で眠りにつきたい…そんな日に読む記事です

【エモまと】穏やかな気分で眠りにつきたい…そんな日に読む記事です

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


【エモまと】なんだか眠れない夜に…

【エモまと】なんだか眠れない夜に…

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


いよいよ乾燥の季節! 秋冬もカサつきと無縁の肌を作るテク3つ【本気で始める美容・エイジングケア#19】

いよいよ乾燥の季節! 秋冬もカサつきと無縁の肌を作るテク3つ【本気で始める美容・エイジングケア#19】

乾燥する季節は、年齢を重ねた肌には特に乾燥が気になります。いつも通りに、メイクをしても粉っぽくなったり、カサついたり…といった状態に心当たりがある方も少なくないのでは。そこで今回は、エイジングを重ねると気になりだす乾燥肌に負けないこの時期の時短美容テクを3つご紹介します。


SUQQUから新スキンケアラインが登場☆肌悩みを引き起こす「大人の乾燥肌」にアプローチ!

SUQQUから新スキンケアラインが登場☆肌悩みを引き起こす「大人の乾燥肌」にアプローチ!

大人だからこその肌悩みに向き合い、肌が欲するうるおい満たされるときめきを突き詰めて、肌のツヤへと変える新しいモイスチャーラインがSUQQUから登場です☆


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【1月22日(月)~1月28日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月22日(月)~1月28日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


子どもの教育方針の違い 夫婦間で意見が合わずストレスに…【夫婦問題お悩み相談室 #8】

子どもの教育方針の違い 夫婦間で意見が合わずストレスに…【夫婦問題お悩み相談室 #8】

子どもが誕生すると、夫婦二人だけの生活から一変します。父親も母親も愛する子どもの成長を見守る気持ちは同じはずなのに、夫婦の意見が違うことで言い争いに発展することもよくあります。今回は、子どもの教育方針を巡って、夫婦で意見が食い違うと悩むアラフォー妻からの相談です。


小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

アラフォーからの性教育第3回目は小学5年生の娘さんへの性教育をどうしたらいいか悩んでいるママからのご相談です。自分も親から性教育を受けていない、だからどうしたらいいのか分からない、という女性は多いと思います。そんなお悩みをお持ちのママ達へ。看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


40代は女ざかり! セックスレスなんてもったいない 【40代夫婦の寝室事情#1】

40代は女ざかり! セックスレスなんてもったいない 【40代夫婦の寝室事情#1】

いよいよ恋人・夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生の新連載がスタートします!夫婦問題で数々のご著書もある三松先生にWOMeで執筆していただくにあたり、やはりここを語っていただくしかない!と、【40代からの夫婦の寝室事情】について踏み込んでもらうことになりました。第一回目は「40代は女ざかり!」という心強い内容です。







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター