忙しさを吹き飛ばすとっておきの方法【忙しいのになぜか優雅に見える仕事術 #3】

忙しさを吹き飛ばすとっておきの方法【忙しいのになぜか優雅に見える仕事術 #3】

やることに追われて逃げ出したくなることも、忙しくて弱音を吐きそうな日も、仕事が充実してくれば避けて通れないもの。そんな時、どう対処すべきかすぐにトライできる方法をいくつかお伝えします。大切なことはあなたがあなたらしく仕事も人生も楽しむこと。そんなヒントをお届けします。


人の力を借りるのも自分の力

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いろんなことが立て込んだり重なることはあるものです。そんな時、「もうダメだ、このままだとどこかでミスをしてしまう」そう思ったらその直感に従いましょう。人ひとりが持てる荷物の量は限られています。全部自分で持つ、なんて難しい時と場合だってあるのです。かたくなに「頼るものか!」なんて思って、大きなミスをしてしまっては元も子もありません。誰かに頼ること、委ねることも必要なのです。

誰かに任せる上で大切なことは、誰に何を頼むべきかをきちんと棚卸しすること。誰にどのタイミングで任せるのか、しっかり洗い出しをして的確にお願いしましょう。人の力を借りるのも自分の力です。時に誰かに「助けて!」とサインを出すことで、頼られたことが嬉しくて、モチベーションをあげる人がいるかもしれません。

そして、誰かに助けてもらったら、「ありがとう。あなたのおかげで助かりました」としっかり感謝の気持ちを伝えることもお忘れなく。

一瞬で脳をリフレッシュ。パッと優雅に見えるとっておきの方法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

忙しくて息をつく暇もない、なんてセリフがあるぐらい、忙しいとついつい呼吸が浅くなりがちです。呼吸が浅くなると脳や肺に十分な酸素がいかず、集中力が低下してしまいます。酸素は脳の栄養。酸素があるからこそ脳は活性化するのです。

夢中でPCと向き合って資料を作っている時、あまり得意ではないクライアントと話す時、ついつい呼吸が浅くなりがちです。呼吸は周囲の誰かがコントロールしてくれません。自分自身で意識的に深い呼吸を取り入れましょう。

人前で話す時にも案外呼吸は浅くなりがち。話しぶりが優雅で素敵だなと感じる方は深い呼吸でリラックスして話しています。鼻からたっぷり吸って口からゆっくり吐く。これを繰り返すだけで体の中の酸素が入れ替わり、フレッシュな気持ちになれます。エレベーターの中、移動中の駅までの道、どこでも早速リフレッシュ。ぜひ試してみてください!

時には思い切りも大切! 自分だけの空間を手に入れて。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

電車での移動を考えたら、乗り換えが2回、そして待ち時間も長い。。早く帰って片付けたい仕事がある。しかも電話しなくちゃいけない人もいる。。もうそうなったらタクシーに乗って時間と場所の有効利用。豊かな時間を手に入れるために時には奮発することも大切なこと。イライラして時を過ごしたり、移動で疲れ果て、いざ取り掛かろうとしたけれどはかどらずに時間ばかりかかってしまうなんてもったいないですよね。

「今日はいいよね?」と自分と相談して、タクシーやグリーン車を利用してみて。シートに身を預け、ゆったり座って流れる景色を眺めることで、自分だけのプライベート空間を手に入れたように、くつろげてホッと一息、充電タイムになるかもしれません。

明日のパフォーマンスを高めるショートトリップ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

スケジュールが詰まっていて、まとまった休みは相当先になりそうな時、「旅に出たい。。」とため息まじりに一言。しかし諦めるのはまだ早いです!!まとまった休みがなくても、週末に一泊、一人でホテルステイを味わってみて。本当に忙しければ、ちょっと贅沢だけど、夜から翌朝までのステイでもOK! 選ぶホテルによっては、日本にいることを忘れるほどの体験ができる可能性も。

ホテルスタッフの行き届いた接客、シャキッと気持ちのよいベッドリネン、いつもと違う窓からの景色、バランスのとれた朝食、整った空間が煩雑な気持ちも状況も整えてくれるでしょう。「遠くに行かなくても、旅には出られる!」そう思うだけで、心にゆとりができるはずです。

ライフスタイリスト 北條久美子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ライフスタイリスト/忙しいのになぜか優雅に見える仕事術。女性が自分らしく生きるヒントを発信します。

関連する投稿


【新春企画】今年挑戦してみたいコト 取り入れてみたいコト ~ 自分軸ライフ ~

【新春企画】今年挑戦してみたいコト 取り入れてみたいコト ~ 自分軸ライフ ~

WOMe読者の皆さんに今年から是非挑戦してみてほしい、取り入れてみてほしい、そんな大人のライフスタイルをご紹介します。


自宅で優雅に♡ ワンランク上のティータイムを楽しむアイデア特集

自宅で優雅に♡ ワンランク上のティータイムを楽しむアイデア特集

慌ただしい夏休みの時期…ついイライラしてしまいがちですよね。そんな私たちに必要なのは、ゆったりくつろげる自分時間です。週末の午後くらいは優雅にティータイムを楽しみませんか。今回はおうちで出来るワンランク上のティータイムの楽しみ方を紹介します。簡単にできるものばかりなので、試してみてくださいね。


ライフスタイリスト 北條久美子さんインタビュー 【女性の仕事クローズアップ #3】

ライフスタイリスト 北條久美子さんインタビュー 【女性の仕事クローズアップ #3】

「輝く女性をひとりでも多く増やしたい!」そんな思いでライフスタイリストとして活躍する北條久美子さん。ご自身も先月、11歳年下の男性とご結婚されプライベートも充実した生活を送られています。そんなハッピーオーラ全開の北条久美さんにご自身についてお話を伺ってきました。


内面から輝き仕事も生き方も豊かにする4つのヒント【忙しいのになぜか優雅に見える仕事術 #4】

内面から輝き仕事も生き方も豊かにする4つのヒント【忙しいのになぜか優雅に見える仕事術 #4】

誰よりも忙しいはずなのに、笑顔を絶やさず周囲にも気遣いができる。そんな女性に誰しもなりたいと憧れるでしょう。そういった女性は感情的にならず、感情を整理して心を込めて伝えることができるもの。なぜそれができるのか、それは心が整っているからなのです。第4回は心の整え方、意識すべきポイントについて触れていきます。


美しく洗練された女性に共通する3つのこと【忙しいのになぜか優雅に見える仕事術 #2】

美しく洗練された女性に共通する3つのこと【忙しいのになぜか優雅に見える仕事術 #2】

忙しいのになぜか優雅でいつも笑顔な人、そんな女性は同性からも異性からも一目置かれるはず。そこでそういう女性に共通している考え方や習慣、行動についてじっくり解き明かし、優雅に見えるコツやヒントをお届けします。早速試して憧れられる存在になりましょう♪


最新の投稿


悩み続けてしまう… 上手な解決方法が知りたい【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#4】

悩み続けてしまう… 上手な解決方法が知りたい【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#4】

日常生活で嫌なことや悩みができると、ぐるぐると頭の片隅に残ってしまうことってありますよね。うまく切り替えができればいいですが、なかなかそうはいきません。今回は、そんな女性のお悩みをロジかわで解決します!


【#FocusOn】「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」著者イラストレーター松尾たいこさんインタビュー<後半>

【#FocusOn】「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」著者イラストレーター松尾たいこさんインタビュー<後半>

WOMe編集部が気になっているヒト・モノ・コト等を紹介する企画【#FocusOn(フォーカスオン)】。こんにちは編集デスク和氣です。今回は人気イラストレーター松尾たいこさんの著書を読んで感銘を受けご本人にインタビューしてきました! こんな風に年齢を重ねたいと思う素敵な大人の女性、松尾たいこさんのお話し後半です。


宮本真知のタロット占い【1月22日(月)~1月28日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月22日(月)~1月28日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

アラフォーからの性教育第3回目は小学5年生の娘さんへの性教育をどうしたらいいか悩んでいるママからのご相談です。自分も親から性教育を受けていない、だからどうしたらいいのか分からない、という女性は多いと思います。そんなお悩みをお持ちのママ達へ。看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター