幸せへの処方箋は身近なところにある【言葉は心の美容液 #7】 | 大人のワタシを楽しむメディア
幸せへの処方箋は身近なところにある【言葉は心の美容液 #7】

幸せへの処方箋は身近なところにある【言葉は心の美容液 #7】

汗ばむような日も出てきた最近。気持ちが自然に外へと向かっていって、自然に行動を起こしたくなる良い季節となりました。そんな新しいことを始めることも多いこの時期は普段使っている言葉に少しだけおめかしをしてあげましょう。きっと心躍る日々となることでしょう!


「言葉が紡ぎ出す魔法」を信じてみませんか?

『幸運を呼び込む言葉の習慣』PHP文庫刊、植西聰著

日本には「言霊(ことだま)」という表現があり、言葉には魂が宿っていると昔から信じられてきました。言葉には人の運命を変える力があるようです(本文より)。
75の言葉の法則を一挙に解説!
著者プロフィール/植西聰(あきら)。東京都出身。著述家。学習院大学卒業後、資生堂に勤務。独立後、人生論の研究に従事。独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述活動を開始。1995年、「産業カウンセラー」を取得。今までの著作数は300冊を超える。

この本をAmazonで見る

言葉の大切さを昔から知っていた日本人

Getty logo

日本人は古来より、日記をつけるのが大好きな民族なのだそうです。戦時中の兵隊さんでさえ、多くの人が好んで日記をつけていたと言います。敵軍がそれを押収して、日本軍の作戦が分かってしまったこともあったとか……。これは、いかに日本人の識字率のレベルが高かったかをも表現している例ですね。

なぜこれほどまでに、言葉に対する執着が強いのでしょうか?
ひとつには、文字を書く、自分の考えを記すという行為は日本人にとってとても意味のある行為であったから。自分が記した言葉によって慰められることもあったのでしょう。

今回は、言葉の力について考えてみたいと思います。

声に出した自分自身が、一番気分が上がる!

仕事へのモチベーションを言葉で高める(P84~85より)

やらなきゃいけないのにモチベーションが上がらない……。そんなとき、あなたはどうしていますか? 一番手っ取り早いのは言葉の魔法を信じることです。

あなたに次の言葉を送ります。
「やるぞ!」とか「私はできる!」と声に出してつぶやいてみてください。“言葉にする”という行為は、想像以上に私たちの心にダイレクトに響きます。つぶやいた次の瞬間から、あなたはきっとやる気がみなぎってくるはずです。
ただし、そのやるべきことに対する準備はできる限りしてあることが大前提ですよ。

敬語を使えば好感度と信頼度がアップする(P122~123より)

普段、家族や友人などの親しい間柄の人たちに敬語を使って会話することはありますか?
使っている言葉で“お里が知れる”などと言いますが、言葉にも状況に応じて使いわけるべきときがあります。親しき仲にも礼儀あり、とも言いますが、御礼や逆に謝りを入れる時にはきちんとした敬語を使ってみましょう。

言葉もTPOに合わせて使いわけることができれば、それだけで、“できる人”だと、印象付けられますよ。

「どうぞ」と譲る(P170~171より)

人気店のパンケーキを食べるために長蛇の列に並んでいる際、さりげなく割り込みをされたらあなたはどうしますか?
そんな経験のあるあなたにこの言葉を送ります。

「私が先に並んでいたのよ!」などと正論をぶつけないで、にこやかに入れてあげましょう。何ごとも速さばかりを優先する現代社会ですから、そのくらいの余裕がある方が逆に物事が上手くまわるというものです。この言葉を言えるくらいの悠然とした態度を身に付けることができれば、ストレス社会にも順応していけるはずですよ。

日本語は魔法の言葉?

Getty logo

海外の人が日本語を勉強するのは、とても大変だと聞きます。なぜなら英語はアルファベット27字だけであるのに対して、日本語は漢字、平仮名、カタカナと数種類の表現方法があるから。さらにそこに敬語までもが加わり、修得するのにはかなり難易度が高めなのだとか。

海外の人からはまるで魔法の言葉のように見える日本語の言葉の力を、これを機に信じてみてくださいね。きっとあなたの幸せの扉が見えてくるはずです。

コラムニスト・ライター・編集 鈴木 晴美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

コラムニスト/編集プロダクション・出版社を経て独立。オシャレが大好きなアラフォー世代。

関連する投稿


【エモまと】私なんて…って自己否定していませんか? ちょっと気分転換しましょう

【エモまと】私なんて…って自己否定していませんか? ちょっと気分転換しましょう

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ#4/後半】元夫・元カレ・現夫との奇妙な共同生活

【35歳からのリアル 私たちのホンネ#4/後半】元夫・元カレ・現夫との奇妙な共同生活

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#4/前半】16歳で妊娠・出産・結婚その後、離婚し夜の仕事も

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#4/前半】16歳で妊娠・出産・結婚その後、離婚し夜の仕事も

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


更年期のカラダの変化を知って、人生を愉しむベースを作ろう!【更年期は人生が輝くチャンス #2】

更年期のカラダの変化を知って、人生を愉しむベースを作ろう!【更年期は人生が輝くチャンス #2】

誰もがとおる「更年期」は、症状も捉え方も十人十色。ダイナミックにカラダが変化をするこの時期は、ときに自分の心やカラダが自分の思い通りにいかないことがあります。しかしメカニズムを知れば更年期はこわくありません。正しく知ること、対策に取り組むことで、人生を愉しむベースを作りましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


40代のほうれい線は10歳老け顔に? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳老け顔に? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。9月後半の運勢のポイントを要チェックです。


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

加賀四湯のひとつで開湯1300 年の歴史をもつ温泉、加賀温泉郷「山中温泉」。俳聖・芭蕉がこよなく愛したというまろやかな湯は美肌の効能があるとされ、環境庁・観光庁後援「うるおい日本プロジェクト 温泉総選」 女子旅部門2016‐2017 年の2-3 位にも選ばれました!そんな山中温泉の「かがり吉祥亭」が今、注目を集めています!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google