懐かしい…子どものころ大好きだったあの絵本に癒されよう | 大人のワタシを楽しむメディア
懐かしい…子どものころ大好きだったあの絵本に癒されよう

懐かしい…子どものころ大好きだったあの絵本に癒されよう

幼かったころ、お母さんやお父さんに読んでもらった絵本、大好きで何度も何度も読み返した絵本――。そんな絵本の思い出って誰にでもあるはず。そこで、忙しすぎて忘れていたあのころの気持ちを思い出させてくれるような絵本をピックアップしてみました。大人になった今だからこそ読み返して、ほっこり癒されてみませんか。


ぐりとぐら

仲良しでお料理と食べることが大好きな双子の野ねずみ、ぐりとぐら。森で大きな卵を見つけたぐりとぐらは、カステラを作ることに。でも、卵が大きすぎて運べないため、フライパンを森に持ってきて料理をします。

すると、その甘い匂いに誘われて森の動物たちも集まってきて、みんなでおいしく食べました。当時、カステラといえば、四角くカットされたものしか見たことがなかったので、まあるくて大きなカステラは本当においしそうで憧れたものでした。

シンプルな絵とストーリーなので、カステラの印象がより強く残るのかも。そして、大きな動物から小さな生き物まで、一緒に仲良くカステラを食べている絵には、ホント癒されます。なんだか自分もカステラを分けてもらったような、ほっこりした気持ちになります。

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ちびくろサンボ

アラフォーにはおなじみ。ほとんどの人が知っているのではというくらい、子どもたちに親しまれた絵本。サンボという黒人の男の子が、お父さんとお母さんに買ってもらった服や靴、傘を持って散歩に出かけます。途中でトラたちに出くわして食べられそうになったサンボは、大切な服や靴、傘を次々にわたして逃げようとします。

トラたちはそれらを奪い合い、木の周りをグルグル回り始めます。最後にとうとうトラたちは溶けてバターになってしまうのです。そして、サンボはそのバターでホットケーキを焼いて食べます。「トラたちがグルグル回ってバターになる」という場面を描いた絵が、今でも印象に残っているという人も多いはず。

実は、この絵本は人種差別などの問題から、日本では1988年に絶版に。しかし、復刊を望む声も多く、ついに実現しました(タイトルは『ちびくろ・さんぼ』)。今、あらためて読んでみても「トラたちがグルグル回ってバターになる」シーンは鮮烈。ホットケーキもおいしそう!

ちびくろ・さんぼ

100万回生きたねこ

100万回生きて、100万回死んだ猫――。100万人の人がその猫を可愛がり、猫が死んだときは100万人が悲しみました。あるとき、猫は生まれ変わって野良猫に。そこで、自分のことしか好きではなかった猫が、初めてキレイな白いメス猫に恋をします。やがて、2匹には子どもが生まれ、メス猫は年老いて死んでしまいます。

自分が100万回死んでもちっとも悲しくなかった猫は、初めて涙を流します。それから、その猫も死に、今度は生き返りませんでした。人を愛することは幸せなことだと教えてくれる絵本です。でも、子どものときはそこまで理解できませんでした。ただ、シマシマのえらそうな顔をした猫が王様、船乗り、どろぼう、おばあさあん、女の子など、いろいろな飼い主に飼われるという、その変化を楽しんでいたような気がします。今なら、絵本に込められた深~い意味がわかって、子どものころと違った感動を覚えるはず。

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

かいじゅうたちのいるところ

この絵本は私の弟のものでした。ある日弟と一緒に見ていて、ちょっと恐ろしげな怪獣たちにすっかり魅せられてしまったことを覚えています。

主人公の少年・マックスは、ある日、オオカミのきぐるみを着て暴れ、罰として夕ご飯抜きで寝室に閉じ込められます。すると、木が生えてきて寝室が森になり、やって来た船に乗り込んで「かいじゅうたちのいるところ」へ着きます。

そこでマックスは怪獣たちの王様になって一緒に踊ったりと、しばらくは楽しく過ごしますが、さびしくなったマックスは再び船に乗り、自分の家に帰ります。そこには温かい夕ご飯が待っていました。ぎょろっとした目の個性的な怪獣たちが踊るシーンがとっても印象的。この絵本は、かつてオバマ前アメリカ大統領がホワイトハウスのイベントで、招待客の前で読み聞かせたことでも有名です。

2009年にはスパイク・ジョーンズ監督で実写映画化もされた世界中で愛されている名絵本です。

かいじゅうたちのいるところ

かさじぞう

有名な日本昔話のひとつ。雪深い地方に住む貧しい老夫婦は、新年を迎えるためのお餅さえ買えません。そこで、おじいさんは笠を作って売りに行きますが、ひとつも売れませんでした。しかたなく帰る途中、6体のお地蔵さんの頭に雪が積もっているのを見かけ、売り物の笠と自分の笠をかぶせてあげます。

するとその夜、お地蔵さんたちが食べ物や宝物を持ってきてくれました。よい行いに対して恩返しを受けるという、昔話の定番パターンともいえるお話。いろいろな版が出ていて、『かさこじぞう』というタイトルの場合も。

雪の情景が郷愁を誘い、心優しい老夫婦のおだやかな表情に癒されます。悪者は一人も登場せず、まるで雪がすべてを包み込むように静かに時が流れていく様子は、日々の喧騒や慌ただしさを忘れさせてくれます。

かさじぞう



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ワインとおいしいもの大好き!毎日の生活をちょっと楽しくしてくれる情報をキャッチして発信していきま~す。

関連する投稿


自分を大切にしたい時 この絵本をひらいてみて【心をうるおす大人の絵本#02】

自分を大切にしたい時 この絵本をひらいてみて【心をうるおす大人の絵本#02】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】辛い時、悲しい時、困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第二回目のテーマは【自分を大切にしたい時 この絵本をひらいてみて】です。


今日は一日家から出ない!そんな日に遠くへ連れて行ってくれる絵本   【心をうるおす大人の絵本 # 09】

今日は一日家から出ない!そんな日に遠くへ連れて行ってくれる絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 09】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】しとしと雨が続く、そんな季節は一日中家でまったりしていたい…そんな時、家にいながら旅気分を味合わせてくれる絵本を絵本コーディネーター東條知美さんがピックアップ! 世界はどこまでも広がっていくのです。


“大人にこそ絵本を” アラフォーの今読みたい【心をうるおす大人の絵本#01】

“大人にこそ絵本を” アラフォーの今読みたい【心をうるおす大人の絵本#01】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第一回目は【アラフォーの今読みたい 心をうるおす大人の絵本】です。


【エモまと】理由もなく憂鬱…あるあるある。みんなある

【エモまと】理由もなく憂鬱…あるあるある。みんなある

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージについてお伝えしてきましたが、今回は大切な膣のトレーニング方法についてご紹介します。膣がゆるむと尿漏れするだけでなく、酷い場合は子宮が膣から出てきてしまうのです!ぜひ実践してくださいね。


目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

40歳を過ぎてから坂を転がるように、肌や顔に難を感じることになった40代女性も多いのではないでしょうか。スキンケア方法を変えてみたり、自分でできるマッサージを試したり、ちょっと贅沢してエステに行ってみたり…でも、なかなか改善しない。しかし目元や口もとのシワをこのままにしておいていいわけない! ということで、何とかしたいと健康・美容家電ブランド、HEALTHPIT(ヘルスピット)ショールームにお邪魔しました。


自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

「自律神経の乱れ」や「自律神経失調症」という言葉をよく耳にする方も多いのではないでしょうか? しかし、実際に何のところなんのことかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、今回はホルモンやストレスと密接に関係している自律神経についてご紹介します。


秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

食欲の秋、運動の秋など、秋は心地が良いシーズンとして色々なことを始めるのに適しているし、食も進む、などと言われていますが果たしてそうでしょうか?特にアラフォー女性は秋になると体調が悪くなるから苦手…という人も多いのです。ではいったいどうしてそうなのか?教えていただきましょう。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google