<特別付録付き 保存版>“ 本 気 で ” お金を貯める!8つの習慣【幸せなお金持ちになる習慣 #4】

<特別付録付き 保存版>“ 本 気 で ” お金を貯める!8つの習慣【幸せなお金持ちになる習慣 #4】

今回は、「貯金はゼロですがお金持ちになって豊かな老後を過ごしたいです」という、ストレートすぎるお悩みです。セミナー会場や、個人面談でも一番多いのがこのお悩みです。そこでWOMe世代は、みんないくらくらい貯めているのか? というところからご紹介していきたいと思います。


驚愕!アラフォーの3割が貯金ゼロという事実

初対面で「ファイナンシャルプランナーです」とあいさつをすると、「お金が貯められなくて」とおっしゃる人が多いのですが、FPになったばかりの頃は「ご謙遜を」と思っていました。…しかし実はそうではありませんでした。

リアルなWOMe世代のお金事情がわかる、データをご覧ください。この調査は、毎年行われていますが、ここ数年、貯金ゼロ世帯がどの世代でもおよそ3割あります。

WOMe世代のおよそ、3人に1人は本当に貯金ゼロだということになります。中央値というのは、貯蓄ゼロから一番貯金が多い人までを並べた時、真ん中の人の金融資産額です。何かとお金がかかる、40代のきびしいお財布事情が見えてきます。

年収が高くなれば、貯蓄や運用に回せるお金は増えそうですよね…ところが…。

世帯年収が750万円以上あっても、およそ1割が貯金ゼロ、1200万円あっても、9世帯に1世帯は貯金ゼロです。謙遜ではなく、本当にお金が貯まっていないのです!

資料:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](2015年)年齢は世帯主の年齢。資産保有額は、金融資産を保有していない世帯を含む。
参照元:知るぽると/金融広報中央委員会

預金残高はあなたの毎日の習慣でできています!保存版「WOMe読者のためのお金を貯める8つの習慣」

あなたの預金残高は、何で出来ていると思いますか? ただの数字にしか見えないかもしれませんが、預金残高は、あなたの毎日の生活習慣でできているんです。
つまり、いきなり億万長者にはなれませんが、毎日の習慣を変えることで、行動が変わり、お金をコツコツ育てることが出来るようになるのです。そこでWOMe読者のためのお金を貯める8つの習慣をご紹介します。

保存版:【WOMe読者のための、お金を貯める8つの習慣】

其の1:「お買い物リストを作る」 
コスメやお洋服は、シーズンごとに買うものと予算を決めておく。別のものを買ったら、リストから何かを外す。

其の2:「使い切る喜びを知る」
リップやハンドクリーム、冷蔵庫の食材など、買う喜びだけでなく、使い切る喜びを知りましょう。

其の3:「お金の情報に敏感になる」
今の金利は? 税金はどれくらい? お金に興味を持って、情報にアクセスしましょう!

其の4:「手取りの10%~40%を毎月積み立てる」
お給料が入ったら使う前に積み立てましょう。

其の5:「メリハリ支出を心がける」
お金をかけたいところと、かけなくていいところの優先順位を決める。

其の6:「人と自分を比べない」
人の人生は自分の人生のシナリオとは無関係です。

其の7:「お金のことを家族と話す」
お金がないはNG、お金を貯めているところと言いましょう。

其の8:「今月はあといくら使えるかを意識する」
費目に関係なく、常に後いくら使えるかを意識して。週に一度、買った物をレシートで振り返るのも◎

以上です! いかがですか? 意識すればできることばかりだと思います。みなさんのお金が、今日からどんどん増えていきますように!

ファイナンシャルプランナー 山口京子

お金に泣かされないための100の法則

¥ 1,026

『お金は、1つの口座に入れっぱなしにすると“逃げ”ます! 「使う」「貯める」「増やす」の3つに分けましょう!!』 など、学校では教えてくれなかったお金の真実を、ファイナンシャルプランナー・山口京子さんのナビゲートでご紹介。 人生をサポートしてくれる「お金のとの付き合い方」を、コミックでわかりやすく伝授します。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

幸せなお金持ちになるアドバイスが人気。へそくりから金融商品まで、家計をトータルで見直し最得ルートへ導く専門家。

関連する投稿


食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

貯金しよう!と思った時に皆さんはどの費用を見直しますか?お小遣い?光熱費?保険?娯楽費?いろいろありますが、どうやら“食費”だけは削ってはいけないようです。いったいそれはなぜなのか?ファイナンシャルプランナーの飯村久美さんに教えていただきましょう。


お給料が減った! 見直すべきは“お小遣い”ではなく“〇〇費”【簡単シンプル貯蓄術#3】

お給料が減った! 見直すべきは“お小遣い”ではなく“〇〇費”【簡単シンプル貯蓄術#3】

皆さんのご家庭は、お小遣い制ですか?シングルの方はお小遣いという項目を別にしていますか?あまり意識していないかもしれませんが、自分用に自由に使えているお金=お小遣いとして考えてみてくださいね。今回はそんなお小遣いを給料が下がったからと言って減らしてはいけません。というお話です。


投資信託選び方のポイント【ぐうたらさんでもお金が増える#03】

投資信託選び方のポイント【ぐうたらさんでもお金が増える#03】

こんにちは。家計研究家の氏家祥美です。投資信託って聞いたことはあると思いますが、お金に詳しくない人は「私には関係ない話」って遠い世界のことのように思っていませんか? そんなことはないんです! 今回は投資信託の選び方のポイントをお伝えします。


お金を「貯める入れ物」とは?【簡単シンプル貯蓄術#1】

お金を「貯める入れ物」とは?【簡単シンプル貯蓄術#1】

「お金が貯まらない…」そうお嘆きの方も多いことでしょう。それには明確に理由があるようです。新しく始まる連載は、お金にまつわるお悩みをファイナンシャルプランナー飯村久美さんがしっかり解決してくださいます。


【新春企画】WOMe読者はどんな記事読んでる? 人気記事紹介 ~お金の問題編~

【新春企画】WOMe読者はどんな記事読んでる? 人気記事紹介 ~お金の問題編~

アラフォー世代が気になること上位に必ず入る「お金」の問題。子供の養育費がかさみ始めたり、親の介護も無視できない上に自分たちの将来の蓄えも準備しなきゃいけない私たちにプロが答えてくれています。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【雨宮なおみの12星座占い】2018年11月 後半編(11/15~11/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年11月 後半編(11/15~11/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


【GU】スウェットプルオーバー 990円のプチプラで優秀スウェット

【GU】スウェットプルオーバー 990円のプチプラで優秀スウェット

GUのスウェットプルオーバーはもうチェックしましたか? 990円なのに生地もしっかりしていて、裏起毛♪ これからの寒い冬に欠かせない一枚になりそうな予感ですよ! プチプラなので、一度試してみる価値ありそうです。


【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー最終回は夫婦のカタチも人それぞれで良い! というお話です。


40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

「少しづつ生理周期がばらついてきた」「3週間しか経っていないのに生理がきて不安」など40代になると徐々に乱れ始めます。女性にとって、健康状態を把握する1つのバロメーターでもあった生理周期が更年期には乱れてきてしまうのです。ここではよくある閉経までの月経パターンについてや、更年期の月経不順と間違いやすい病気について紹介します。


なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

何事も表裏一体。見方によって、よくなったり悪くなったりします。結婚生活でもそんな思考の連続ではないでしょうか。今回は「夫にもっとしっかりしてほしい」。そんな悩みをもつ妻からの相談です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター