コミュニケーションは「声」が大事!“整数次倍音”“非整数次倍音”とは? | 大人のワタシを楽しむメディア
コミュニケーションは「声」が大事!“整数次倍音”“非整数次倍音”とは?

コミュニケーションは「声」が大事!“整数次倍音”“非整数次倍音”とは?

日本人なら誰でも知っているビッグな司会者といえば、タモリさんや、黒柳徹子さん。このおふたりには隠れた共通点があって、じつは「声」が大きなポイントなのです。今回は人の声色を決定する要素=“倍音(ばいおん)”のヒミツに迫ってみたいと思います。貴女も“倍音”を上手にコントロールして、声美人、会話美人を目指してみませんか?


カリスマ性のある声“整数次倍音”

Getty logo

タモリさんや黒柳徹子さんが司会者として大成功した理由のひとつに、おふたりの特徴的な「声」があると指摘された方がいます。作曲家で尺八演奏家の中村明一さんです。

中村さんの著書によると、タモリさんと黒柳徹子さんの声はどちらも“整数次倍音(せいすうじばいおん)”のタイプに分類できるそう。倍音には大きく分けると整数次倍音と非整数次倍音の2種類があり、このうち前者の整数次倍音は聞いている人に神々しさや荘厳さを感じさせるといわれています。つまりカリスマ性のある声というわけです!

倍音とは、ひとつの高さの音が鳴っているときに、その裏でかすかに響いている音のこと。たとえばピアノの鍵盤でドを打つとドの音が聞こえますが、このドの音を分析してみると、強く聞こえてくるメインの音(基音)の2倍、3倍、4倍…の周波数で同時に鳴っている複数の高い音があります。この高い音が倍音です。

どんな倍音が含まれているかによって、楽器の音色や、人の声の印象が決まります。たとえば同じドの音でも、ピアノと、バイオリンの音では明らかに違いますね。これは含まれている倍音が違うからです。

音を分析したときに整数値で表現できる倍音のことを整数次倍音といいます。管楽器の音色やオペラの発声法もそうです。タモリさんの声はお経をよむお坊さんの声にも似ていますし、どこか神秘的な雰囲気をもっていますよね。

けれどもタモリさんや徹子さんがインパクトある司会者に感じられる理由は、ただ単にカリスマ的な声の持ち主であるからというわけではないようです。神々しい雰囲気がありつつも人の話に耳を傾け、語り口はカリスマというより庶民的。まるで神様が地上に降りてきて気さくに面白いことを喋っているように映るので、そのギャップが視聴者を惹きつけるのではないかといわれています。

親しみやすくて情緒的な声“非整数次倍音”

Getty logo

一方で、音分析しても整数値で表現できない、ゆらぎをもった不規則な倍音(非整数次倍音)を多く含む声もあります。

代表格はビートたけしさん。ほかに明石家さんまさん、堺正章さんのハスキーボイスも“非整数次倍音”タイプに分類できるようです。非整数次倍音タイプの声は、風や木々のざわめきにも似ていて、自然的でソフトな印象をもたらします。そしてカリスマ性ある整数次倍音とは逆に、むしろ親しみやすく愛嬌をもって響きます。

もうひとつ、非整数次倍音の大きな特徴は、その音が「重要である」と聞く人に思わせること。

古典西洋音楽の世界だと整数次倍音以外の音はノイズ音とされていますが、世界的にみて私たち日本人は自然的な音をも好む傾向があり、古来より尺八、琵琶、三味線といった非整数次倍音系の楽器を愛で、情感ゆたかな“しゃがれ声”にメッセージ性を感じる人が多いのだそうです。

なので、たけしさんが喋り始めると、タモリさんらとはまた違う意味で目が離せなくなってしまうのですね。

2種類の倍音を使い分ける“両刀遣い”タイプ

Getty logo

2種類の倍音を意識的に使い分ける人もいます。有名どころだと、美空ひばりさん。非整数次倍音の情緒的な歌い出しから、整数次倍音で高らかに歌い上げるサビ部分へ。このドラマティックな変化ぶりで聴く人を圧倒的に魅了する代表曲『川の流れのように』は日本人なら誰もが知るところ。歌手だとドリカムの吉田美和さん、玉置浩二さんも両刀遣いタイプです。

倍音コントロールの達人といえば、通販番組でおなじみ、ジャパネットたかたの元社長もです。あの独特のハイトーンボイスは整数次倍音…のはずなのに、番組以外の場ではごくごく普通の声で会話されているそう。驚きですね。視聴者に注目してもらうため、そして購買欲を刺激するために、あえてカリスマ性を押し出しているのでしょう。

倍音をコントロールして、もっとコミュニケーション上手に!

じつは倍音の使い分けは、私たちも無意識のうちに行っているのです。興奮するとつい高く声を張り上げることがあるし、打ち明け話をするときには低くボソボソと喋る感じになりますよね。

ちなみにですが、一般的に人は整数次倍音を多く含む明るくてハッキリした声を好むのだとか。

こうしたことを知っていれば、ボイストレーニングの世界でいうところの倍音コントロールとまではいかなくても、シーンに応じて声色を意識的に使い分けることもできそうです。聴衆のいるプレゼンテーションの場ではハリのある明るい声をイメージして話すだけでも説得力が増すし、一対一の交渉や説得のシーンではブルースのように情感を込めて発声すると相手の受け取り方も変わるでしょう。時と場合にもよるし、やりすぎNGですが。

まずは自分の声タイプを知り、他人に与えている印象がどんなものか、ちょっと考えてみると面白いかもしれませんね。

あの人の声は、なぜ伝わるのか



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ノーと言えない日本人ライター。アラフォー突入したばかり。趣味はドライブと旅行。カクテル大好き、でも授乳のため控えている状態。

関連する投稿


黒柳徹子さんとブルゾンちえみさん特別対談!ヴォーグが終わらない「青春」を総力取材☆

黒柳徹子さんとブルゾンちえみさん特別対談!ヴォーグが終わらない「青春」を総力取材☆

8月28日(火)発売のヴォーグジャパン10月号で黒柳徹子さんとブルゾンちえみさんの特別対談が実現!特集は終わらない「青春」で、なんとカバーガールは我らが青春、安室奈美恵さん!これはもう読むしかないですね。


テーブルウェア・フェスティバル2017で憧れの黒柳徹子さんに会ってきました!

テーブルウェア・フェスティバル2017で憧れの黒柳徹子さんに会ってきました!

大好きな黒柳徹子さんが「テーブルウェア・フェスティバル2017~暮らしを彩る器展~」でトークショーを開催すると聞いて、いてもたってもいられず朝10時に東京ドームに並んで整理券をゲットしてお話を聞いてきましたー!


黒柳徹子さんのインスタに学ぶ♪美味しい食器の選び方

黒柳徹子さんのインスタに学ぶ♪美味しい食器の選び方

今話題の黒柳徹子さんのインスタグラム、もう見られましたか?黒柳徹子さん独特の視点で切り取られた写真や、楽しそうなシーンがアップされており、黒柳さんの生活を垣間見ることができます。中でも注目したいのは、食事。様々なテーブルコーディネートを見てこられただけあって、食器の選び方はさすが。の一言です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


 “膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで膣まわりとはどんな場所なのか、膣ケアがなぜ必要なのかについてお話をしてきました。今回はさらに踏み込んで、セックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。


夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

三度の結婚と離婚を経験し、最近では事実婚を解消された“円満離婚弁護士”の原口未緒さん。著書『こじらせない離婚』では、実際のケースに基づいてスムーズに円満に離婚する方法を丁寧に教えてくれています。原口さんの結婚離婚経験や最近の離婚事情などについてお話を伺ったインタビュー最終回です。


別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

離婚までは思いきれないけど、とにかく今はもう夫と同じ家で暮らすのが苦痛で仕方ない。そんなときは「別居したい!」と感じることでしょう。いったん別居して距離を置くのは正解です。離れてみることで冷静に今後を考えられるようになります。そこで別居したいと思ったときに考えるべきことをご説明します。


宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google