ついついマイナス思考に陥りがちなアナタヘ そんなんじゃ人生モッタイナイ!【アラフォーからの自分らしく生きるコツ #7】

ついついマイナス思考に陥りがちなアナタヘ そんなんじゃ人生モッタイナイ!【アラフォーからの自分らしく生きるコツ #7】

「あの人がああいったのはきっと私のことが嫌いだから…」「家を出たとたん雨が降ってきた!今日はきっと一日ついてない…」なんでもついついマイナス方面へ思考の癖がついてしまっているアナタヘ。無理にポジティブ思考になることはありませんが、ちょっと思考の癖を変えるだけで、見え方は変わってくるはず。魔法のようなその方法とは。


もともとマイナス思考の人なんていない。その人の状態によってとらえ方が違ってくるだけ

今、目の前で起きた現象に対して、瞬時に自分にとって「良い・悪い」と判断する事があります。

起きた現実に対してどう感じるか、という部分がマイナス思考に繋がるのだと思います。

今目の前で起きていることは、感じ方が人それぞれ異なります。その一瞬が私達の思考を左右するポイントになります。

しかし、元々マイナス思考というのはありません。

私達が生活を送る背景の状態や、疲れ具合、幸せ具合により左右される部分なのです。

もったいない状況を生み出してしまうマイナスメンタルループ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マイナス思考になる事はダメな事ではありません。生活する中で常にプラス思考でいるというのは難しい事です。

問題は「マイナス思考とどう向き合っていくか」なのです。それを踏まえた上で、マイナス思考になるのがどうしてダメかというと、それは「自分に対して間違った認識の思い込みを生むから」なのです。

マイナス思考は、自らが生み出した状態です。そしてその時に出てくる感情や思考は、常に頭の中でリピートされます。

それは

『わたしは今こんなにも大変で辛くて幸せではない』

というようなマイナスな事実を常に自分にインプットしているのと同じ状態です。

すると、周りの環境が変わり、あなたの事を褒めてくれる人が現れ、評価をされるようになってもそれを「事実として受け取れず信じられない」という状態になってしまうかもしれません。

それはものすごくもったいないことですよね。

常にマイナス思考でマイナスメンタルループに陥ってしまうと、「自分の不都合な状態を勝手に作り上げ、無意識のうちに自分に擦り込んでしまう事がある」

という事を知っておいてくださいね。

ふと気づきいたらマイナス思考になっていた…そんな時は…

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

体のケアをしたりお休みする事をオススメします。

マイナス思考って基本的には一時的に起こるものです。それは自分の意識や生活の習慣を変えて心と体を整えることができれば改善されていきます。

例えばマイナス思考になるきっかけは

・上手くいかなかった
・頑張ったのに褒められなかった
・失敗してしまった

という事を経験した時ですよね。
自分にとってなんの成果もなく、自分自身も認められたという実感もない状態はマイナス思考を生みやすいです。

そこで、このような状態になってしまった時には、五感が喜ぶ事をしましょう! わたしがよくオススメするのは、旅行にいったり映画を観ることです。五感に与える情報を普段の日常から一気に変える事がポイントです。旅行にいくことや映画を観ることは、五感を喜ばせるのにすごく良いのです。

そして毎日の体のケアは、ヨガやストレッチがオススメです。体の歪みや肉体や脳の疲れは、マイナス思考を生みやすいのです。

毎日寝る前に少し。
朝起きて少し。

体を伸ばして深い呼吸をしましょう。

自律神経が整い、不安やイライラが解消されていきます。自然とマイナス思考が減っていきますよ。

マイナス思考は今よりもっと魅力的な女性になるためのスパイス

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

失敗を恐れなくなり、自信をもって行動できるようになります。

「こうなりたい!」

という自分の思いに対して、素直に行動する事が出来るようになるので、

「欲しいものが手に入る」

という経験を重ねていくことができるようになります。すると表情も明るく若々しくなっていきます。内側からキラキラしているように、第三者は感じ始めるのです。

そしてそれは姿勢にも現れます。ストレッチをしてめぐりが良くなった体で、自信をもった態度がとれるようになると、お腹に力が入り背筋が綺麗に伸びるため 女性らしい美しいシルエットになります。ものすごく魅力的な女性に見えるのですね。

そして、「マイナス思考ではない」という状態は自分だけでなく、常に前向きにキラキラ輝いているあなたのそばにいるだけで一緒にいる友人やパートナーを同様に引き上げることもできるのです。誰だって愚痴や文句ばかりを言っている人と一緒にいるのは嫌ですよね。マイナス思考でいないことで、よりよい人間関係を構築していくことができるのです。

いかがでしたでしょうか? マイナス思考になってしまうことは誰にでもあること。そうなってしまったらそれを受け止めて、そこから抜け出し前を向けるように少しの努力をしてみてくださいね。そしてまた前を向けるようになったら、その時はあなたはきっとキラキラと輝く今よりもっと魅力的な女性になっていることでしょう!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

メンタルボディアドバイザー/スピリチュアルな側面から、女性の能力開花をサポートする情報を発信。

関連する投稿


【エモまと】理由もなく憂鬱…あるあるある。みんなある

【エモまと】理由もなく憂鬱…あるあるある。みんなある

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


【エモまと】私なんて…って自己否定していませんか? ちょっと気分転換しましょう

【エモまと】私なんて…って自己否定していませんか? ちょっと気分転換しましょう

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


【エモまと】不安でしょうがない日もあるよね。そんな時はこれ!

【エモまと】不安でしょうがない日もあるよね。そんな時はこれ!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


素敵な女性ほどよく笑い、よく泣くんです【ライフスタイル“美”メソッド #5】

素敵な女性ほどよく笑い、よく泣くんです【ライフスタイル“美”メソッド #5】

感情を表に出すことは大人のすべきことではない。そう思っていませんか? 多くの日本人は周りの目を気にするあまり、自分の気持ちを正直に表現することが苦手の様に思います。ですが感情を表現することで実は愛され度がアップするそうなんです!それはいったいなぜなのか…モデルで美姿勢トレーナーの栗本奈央さんに教えていただきましょう。


あなたの運命がどんどん向上する「言霊」の力 【ライフスタイル“美”メソッド #3】

あなたの運命がどんどん向上する「言霊」の力 【ライフスタイル“美”メソッド #3】

こんにちは。モデルで美姿勢トレーナーの栗本奈央です。今回は言葉、“言霊”の大切さについてご紹介したいと思います。物事には必ず、良い面と悪い面があると私は思っています。良い面に光をあてて、良い言葉に変換することで、物事が良い方向に変わっていく。そんな私の思考をご紹介し、皆さんがよりよく生きるヒントになればと思います。


最新の投稿


自己中マイペースな夫に協調性をもたせるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #57】

自己中マイペースな夫に協調性をもたせるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #57】

子どもが産まれても、自分のやりたいように物事を進めてしまう夫。お出かけのときも自分だけ準備ができたら「まだ?」と訊いてくる姿にイライラ……。マイペースな夫に協調性を持ってもらうには、具体的にお願いして動いてもらうこと、それを認めることで、意識を広げてもらいましょう。「助かる」は夫の心を動かすキーワードです。


素材にこだわるオーガニックスーパー“ビオセボン”へ行ってきました!【WOMe編集長の潜入レポ #6】

素材にこだわるオーガニックスーパー“ビオセボン”へ行ってきました!【WOMe編集長の潜入レポ #6】

WOMe編集長の潜入レポート6回目は、食にこだわる大人の女性の皆さまを代表して、東京は麻布十番にあるオーガニックスーパー“ビオセボン”。食材にこだわる人の間で注目されているお店です。おすすめしたい情報盛りだくさんでお届けします♪


マインドフルネスの正しい意味を知っていますか?【大人のマインドフルネス入門#1】

マインドフルネスの正しい意味を知っていますか?【大人のマインドフルネス入門#1】

「マインドフルネス」っていう言葉、ときどき聞くようになったけど、どういう意味? と思われている方も少なくないと思います。グーグル、フェイスブック、ナイキ、フォードなどの最先端の企業で取り入れられ、トップアスリートを始め多くの人々が毎日実践している、今世界が注目するマインドフルネスについて正しい意味をご説明します。


【エモまと】未来に希望が持てない? 大丈夫! きっと大丈夫です。

【エモまと】未来に希望が持てない? 大丈夫! きっと大丈夫です。

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


【エモまと】どうしてもやる気が出ない…だったら思い切ってブレイクタイム!

【エモまと】どうしてもやる気が出ない…だったら思い切ってブレイクタイム!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター