お出汁で料理上手!「だし生活」はじめよう! | 大人のワタシを楽しむメディア
お出汁で料理上手!「だし生活」はじめよう!

お出汁で料理上手!「だし生活」はじめよう!

【簡単な出汁の取り方が知りたい】普段出汁をひいてお料理していますか?一見面倒くさそうに思える出汁ですが、日本の出汁は世界に類がないほど短時間でラクにひけるものなのです。出汁を使った料理は塩分や油分のコントロールもでき、手の込んだことをしなくても料理がグンと美味しくなります。そこで今更聞けない基本の出汁の取り方&出汁を使った簡単な調理法をお伝えします♪


短時間でひけてビタミン、ミネラルも豊富な日本の出汁

Getty logo

「出汁をひく」と聞くと、つい面倒くさいと思いがち。でも実は、何時間も煮込んで作る世界の出汁と比べると、日本ほど短時間で手軽に出汁をひくことができる国はないそう。さらにその栄養効果として、疲労回復、老化防止、生活習慣病の予防などが期待できるとか。

鰹出汁にはたんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富で、美肌サポートや動脈硬化予防、脂肪燃焼につながるなど、嬉しいことばかり。そして昆布出汁には旨味の元となるグルタミン酸が含まれているので、塩分控えめに調理しても美味しいと感じられます。

出汁のしっかりとした旨味があれば、塩や油に頼らずに美味しいものを作ることができ、ダイエットや健康維持にも役立ちそう♪そして何より心や身体に染みわたる美味しさは、日本人で良かった!とホッとするものですよね。

1週間に1回、1週間分の出汁をまとめてひこう

Getty logo

私の経験をもとに簡単手軽に出汁生活を始める方法を紹介します。まずは1週間に1回、約1週間分くらいの出汁をまとめてひいて冷凍、冷蔵します。出汁をひく前夜に昆布や煮干しを水につけて冷蔵庫にいれてけば、簡単に旨味を引き出すことができますよ。

出汁をひいた日は、ひきたての出汁の旨味を味わえる贅沢な日です! わかめや麩など、好きな具材と少しの醤油、酒、塩を使って清汁をいただきましょう!その美味しさに思わず「はぁぁ~」とため息がもれてしまうかも!

一番出汁のとり方

基本の材料:水10カップ、天然昆布5センチ角10枚、鰹削り節40グラム

【作り方】
1)一晩つけておいた水出しを鍋に入れて、沸騰する直前に昆布を取り出す。
2)すぐに鰹節を投入したら火を消し、鰹節が沈むまで静かに待つ。
3)味をみて、こし器にコットンペーパーを敷いて一気にこす。ここで鰹節を絞ったりはしないこと。

二番出汁のとり方

水8カップと一番出汁に使った昆布と鰹節を鍋に入れ、中火の強の火にかける。沸騰したら鰹節をひとつかみ加え、25分ほど静かに煮る。味を確かめつつ、よい加減になったらコットンペーパーでこす。


<ポイント>
容器に水と昆布、しいたけ、煮干し等を一晩つけておく水出しを冷蔵庫に常備しておけば、多忙な日でも美味しいお味噌汁などが簡単に作れて便利です♪

出汁を引いた後の鰹節は“ふりかけ”に♪

出汁をひいた後の鰹節は捨てずに“ふりかけ”に変身させちゃいましょう♪
フライパンで炒って水分を飛ばし、めんつゆやゴマなどで味付けをしてふりかけにすると美味しいですよ。昆布は小さめに切って、醤油やめんつゆをかけておかずの一品に。意外にも子供がパクパク食べてくれます♪ 出汁をとったあとの昆布には栄養素が残っているので、そのまま捨てるのはもったいないです。昆布には血中コレステロールの吸収を妨げる効果もあるので、ダイエットにもおすすめです。

出汁をひいた日にまとめて作っておくと便利なもの

出汁をひいたらすぐに調理するもの以外は冷凍します。保存する場合は沸騰させないくらいの温度で火入れし、塩ひとつまみを加えるか、梅干をひとつ沈めて冷蔵、または冷凍します。そして出汁を幅広く活用するために、出汁をひいた日にまとめて「合わせ酢」と「八方つゆ」を作ります。この日にすべて調理しておけば、残業して疲れて帰宅してもラクに出汁料理がつくれますよ。

●二杯酢
酢に塩、薄口しょうゆを加えて混ぜ、味をみながら出汁を加える。低温で火入れして仕上げる。
たこやわかめと和えれば立派な一品に。焼き魚や白身魚の刺身に添えてもおいしいです。

●三杯酢
酢に塩、みりん、薄口しょうゆを加えて混ぜ、味をみながら出汁を加えて低温で火入れする。大根おろしと合せればみぞれ酢に。キュウリや塩出ししたもずくなどと和えていただいてもOK!

●八方つゆ
濃口しょうゆ、酒、みりんを混ぜて火にかけ煮立たせないように火入れして出汁を加える。これさえあれば、煮物、めんつゆ、天つゆ、お浸しなど万能に使て便利!茹でた青菜を浸けておけば、いつでもすぐにお浸しが食べられます♪

ドレッシングをかけていただくサラダよりもヘルシーな和食の和え物。さっぱりした酢の物は夏にぴったりな一品です。カラダにやさしい出汁料理、ぜひ作ってみてくださいね。

ほんものの味を試せる通販も

Getty logo

昆布や鰹節、煮干しなどのお値段はピンキリですが、味も大きく違うもの。お値段は高いけれど、心ある造り手によるほんものの食材のみを集めた通販もあります。ジュエリーを買うのと同様に心とカラダへのご褒美として利用してみるのもいいですね!

だし類 - 辰巳芳子の薦める味・茂仁香

http://monika.co.jp/?mode=cate&cbid=170026&csid=0

辰巳芳子オフィシャルサイト、辰巳芳子の薦める味、食品、書籍等の販売。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ami

2児の母。食育インストラクターの資格取得。専業主婦から久しぶりのお仕事再開。40代も輝けるように何事も全力投球中。

関連するキーワード


料理

関連する投稿


いつまでもラブラブ夫婦でいるために…料理で夫に愛情を伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #35】

いつまでもラブラブ夫婦でいるために…料理で夫に愛情を伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #35】

食事は、日々の生活で欠かせないもの。朝食はバラバラでも、夕食は家族揃って食卓を囲むという家庭も多いでしょう。毎日キッチンに立つ妻としては大変なときもありますが、日々のことだからこそ、夫に愛情を伝える機会もまた多く見つけられるものです。夫食卓を愛で満たす方法には何があるのでしょうか?


おでんを作りすぎた時は? 意外なメニューに変身♪アレンジレシピ 【料理のプチストレス解消法#16】

おでんを作りすぎた時は? 意外なメニューに変身♪アレンジレシピ 【料理のプチストレス解消法#16】

おでんを作りすぎてしまった時、みんなはどうしてる?おうちで家族そろって食べる、あったかおでんの味は格別。昆布やさつま揚げなどの練り製品から出たうま味たっぷりの汁もおいしさの秘密。次の日までおでんが残ったら、汁も使ったアレンジ料理でおでんを味わいつくしましょう。


【エモまと】美味しいものが食べたい! けど面倒くさいんだよね…なんて問題解決します♪

【エモまと】美味しいものが食べたい! けど面倒くさいんだよね…なんて問題解決します♪

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

おふくろの味としてみんなが大好きな肉じゃが。少し残ってしまったときに使える、簡単便利な変身レシピを2品お届けします。


最後のワンスプーンまで使い切れる! カレーの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#14】

最後のワンスプーンまで使い切れる! カレーの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#14】

いつもの手作りカレー、残ったら気分を変えて変身させてみませんか? 少しの量でも楽しめる簡単アレンジレシピをご紹介。ちょっとしたアイデアで新鮮なおいしさに出合えます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

離婚までは思いきれないけど、とにかく今はもう夫と同じ家で暮らすのが苦痛で仕方ない。そんなときは「別居したい!」と感じることでしょう。いったん別居して距離を置くのは正解です。離れてみることで冷静に今後を考えられるようになります。そこで別居したいと思ったときに考えるべきことをご説明します。


宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

こんにちは!大湯みほです。なかなか人には言えない悩み。口臭が気になる…オナラが臭いかも?身体が弱ってる疲れてる、ストレスが多いと、ダイレクトに腸は影響を受けるんです。ガスが溜まってるようなそんな時って、オナラや口臭が気になりしませんか? 腸内に悪玉菌が増えてる証拠です! でも大丈夫! そんな時の強い味方がぬか漬けです♪


スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

お昼まで待つだけで、美味しいスープができる!と話題のレシピ本『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)。著者でスープ作家の有賀薫さんにお話を伺いました。


自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケアについて植物療法士 森田敦子さんに教えていただく人気連載。今回は女性の幸せのカギを握る「膣まわり」について。自分の膣周りについて、真正面から見つめことはありますか? そしていったいどんな場所なのかきちんとご存知でしょうか? まずは正しく“知る”ことから始めましょう。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google