そのヘアメイク時代遅れって気づいてる? 大人の旬顔のつくりかた | 大人のワタシを楽しむメディア
そのヘアメイク時代遅れって気づいてる? 大人の旬顔のつくりかた

そのヘアメイク時代遅れって気づいてる? 大人の旬顔のつくりかた

今のメイク法、何年前から同じままですか? 忙しくて、じっくりメイクと向き合わず同じメイクを繰りかえす日々。アイテムや色味を変えてもいまいちパッとしないのは、あなたのメイク法が年齢と時代に合っていないからかもしれません。そこで、アラフォーでも上手に旬顔になるために知っておきたいポイントやおすすめアイテムを紹介します。


旬顔のポイントはナチュラルでも光を放つツヤ肌

Getty logo

顔の印象を大きく左右するベースメイク。流行顔の肌といえば、ナチュラルでみずみずしい光沢を放つツヤ肌です。しかも厚塗り感のない自然なツヤ感がポイントになっています。

そんなツヤ肌を作るために重要なのが、ファンデーション。一般的にリキッドタイプやクリームタイプなど、伸びがよくてうるおいがあるものが使われることが多いようですが、さらにポイントとなるのが塗り方です。ファンデに付属のスポンジなどを使うのではなく、ワンアイテムプラスしましょう。

オススメなのが、簡単にツヤ肌が作ることができ、海外セレブにも愛用者が多いメイクスポンジ「ビューティーブレンダー」。使い方はとっても簡単で水で濡らしてしぼった後、ファンデなどをつけて叩き込むだけ。水分をしっかり含んでいるので手やブラシで塗るよりもムラなくツヤのある肌に仕上がるのです。しかも、重ね塗りをしてもナチュラルな仕上がりになるので、不器用な人でも使いやすいのもすてき。ファンデーションだけでなく、下地やコンシーラー、パウダー、ハイライト、チークなどにも使えますよ。

beautyblender pink (ビューティブレンダー ピンク)

さらに、これからは汗でメイク崩れやすい季節。メイクのもちをよくさせる仕上げ用のミスト化粧水をかけたり、テカリ防止としてTゾーンにパウダーハイライトなどをつけると夕方までツヤ肌美人をキープできそうです。

クラランス フィックス メイクアップ 50ml NEW 並行輸入品

カラーアイテムは20代よりワントーン沈んだ色を選び、バランスも考える

2017年のカラーアイテムといえば、赤やオレンジ、ピンクなど暖色系が人気ですよね。アイメイクやリップに取り入れたくなりますが、注意したいのは色選び。肌のくすみが隠しきれなくなってくれるアラフォー世代が、20~30代の子と同じような色を選んでも、悲しいことに浮いてしまいイタイおばさんになってしまいます。もし、使ってみたい色味があるなら、理想とする色のワントーン沈んだ色を選ぶと肌馴染みがよくなります。

また、リップといえば、10~20代の女性に人気なのがティント。発色がよく落ちにくいのがメリットですが、唇への負担が多く乾燥しやすいデメリットも。乾燥しやすいアラフォーは、ティントではなく、ジェル・クリームタイプのリップがおすすめ。「レブロン」の「ウルトラ HD マット リップカラー」は、発色がいいのになめらかな付け心地。濃い色も付ける量を抑えれば、自分に合ったイマドキカラーを取り入れられます。

ただし、暖色系が流行っているからといって、アイカラーもリップも主張の強い色を選んでしまうととんでもないことに!どちらかは、ナチュラル系の色を選ぶポイントメイクを心がけましょう。

レブロン ウルトラ HD マット リップカラー 016

チークは内側、上のほうに薄めにつけ自然光でチェック

カラーアイテムといえば、チークも顔の印象を変えるアイテムのひとつですよね。そもそもチークは血色をよく見せるためにつけるもの。アラフォーが、少し前に流行ったおフェロ顔のように主張させすぎてしまうとおそろしいことに・・・。

チークを入れるときは、内側で少し高めの位置に入れると若々しい印象に。逆に外側の低めの位置に入れると老けた印象を与えます。色は、ナチュラル系がおすすめ。自然光で見て、少し色がついているのが分かるぐらいの濃さが自然です。

セザンヌ ナチュラルチークN マット 102

若者メイクから盗むべきはアイテム情報ではなく技術

Getty logo

最近は10代でもメイクが上手な子が増えましたよね。彼女たちが参考にしているのが「You Tube」。例えば、「ツヤ肌」と検索しただけで、メイクのHow to動画が、約2万8900件も出てきます。これらの動画は、おもにアラサー女子ぐらいまでをターゲットにしたものが多いですが、アラフォー女性の参考にならないのかといえば、なります!

もちろん、YouTuberたちがやっていることを丸ごとマネしても、歳不相応なことになってしまいますが、彼女たちの技術やアイデアを見ていると、自分たちが必死にメイクを覚えた頃と今ではメイクのセオリーが変わっていることに気づくはずです。

例えば、私たちの時代はペンシルタイプのアイライナーでまつ毛のすきまを埋めるのが基本だったアイラインですが、今はウォータープルーフのリキッドタイプを目の粘膜の部分に引くのだそう。実際に行うかどうかは別として、若い子と同じアイテムを使っても“何か違う?”と感じていた人は、答えが見つかるかもしれませんよ。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ライター/環境アレルギーアドバイザー/福祉について勉強中。お酒、漫画、ゲームが好き。人生の目標は「ていねいに生きる」

関連するキーワード


ヘアメイク 旬顔

関連する投稿


メイクのお悩みいろいろあるけどやっぱりベースが命!【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#03】

メイクのお悩みいろいろあるけどやっぱりベースが命!【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#03】

しみしわたるみヨレ…悩みはつきませんよね…。しかし、ベースメイクさえきちんとしていれば、ある程度は七難隠してくれちゃうんです。そのために知っておきたいのは、ベースメイクアイテムの特徴による使い分け。お肌のコンディションに合わせて、最適なアイテム選びや使い方のコツをマスターしましょう。


洗った気になってない? スキンケアで最も大切なのは〇〇〇【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#02】

洗った気になってない? スキンケアで最も大切なのは〇〇〇【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#02】

肌の調子が整わないとき、多くの人は美容液をつけたりクリームを変えてみたりして、「上からつけるケア」をどうにかしようと思います。しかし、本当に大切なのはクレンジングなのです! そのわけと、おすすめ商品をご紹介します。


【エモまと】変わりたい!向上したい!そんなやる気に満ちた背中を押しちゃうよ!

【エモまと】変わりたい!向上したい!そんなやる気に満ちた背中を押しちゃうよ!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


秋冬の流行ブラウンメイクをイタくなく取り入れるコツ【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#04】

秋冬の流行ブラウンメイクをイタくなく取り入れるコツ【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#04】

トレンドを取り入れていきたいけれど、闇雲にやってもイタイだけです。まずはアラフォーだからこそおさえておきたい、今秋冬のトレンド、ブラウンメイクの取り入れかたの基本テクニックをマスターしましょう!


自分だけの運命色を叶えるアジア人気No1※のマイベストファンデーション限定セット9月22日発売!

自分だけの運命色を叶えるアジア人気No1※のマイベストファンデーション限定セット9月22日発売!

自分だけの運命色が透明感を叶えるアジア人気No1※のマイベストファンデーションのカバーマーク <ジャスミーカラー>限定セットが9月22日より発売されます!※アジアのカバーマーク内での売上。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google