シミに効く成分って? 美白クリームに入っている成分をチェック! | 大人のワタシを楽しむメディア
シミに効く成分って? 美白クリームに入っている成分をチェック!

シミに効く成分って? 美白クリームに入っている成分をチェック!

老けて見える原因となるシミは、お肌の悩みで常に上位にランクイン。美白クリームでお手入れしている人も多いはず。でも、どんな成分が入っているかは意外と知らないのでは。そこで、シミを消す効果のある主な成分について解説。クリーム選びの参考にしてみて。


シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制するビタミンC

美肌に効く成分というと、真っ先に思い浮かぶのがビタミンC。

肌の弾力を保つコラーゲンの生成を助け、肌が新しい細胞に生まれ変わるのを促す働きがあります。また、シミやソバカスの原因ともなるメラニン色素の生成を抑制する作用もあるため、美白効果も高いのです。

ただ、ビタミンCそのものは皮膚に浸透しにくく不安定な成分のため、何らかの加工をしなければなりません。

その代表的なものがビタミンC誘導体。
化粧水などに使われる水溶性ビタミンC誘導体と、クリームなどに使われる脂溶性ビタミンC誘導体の二つがありますが、脂溶性のほうが肌とのなじみがよく浸透率も高いといわれています。

つまり、化粧水よりもクリームで取り入れたほうがいいということですね。また、リン酸型ビタミンC誘導体、APPSビタミン誘導体など、より浸透しやすくパワーアップしたビタミンC誘導体も登場しています。

クリニックでも使用されている美白成分ハイドロキノン

コーヒーや紅茶などにも含まれ、自然界に存在している成分のハイドロキノンは、海外では美白ケアの主流となっている成分。日本でも皮膚科のクリニックなどで使われています。

しかし、効果が高いだけに使用する量や濃度を間違えると、皮膚のトラブルを招いてしまうことも。1~2%が安全な濃度とされ、日本では化粧品に使う場合、厚生労働省が2%までの濃度を許可しています。

シミはメラニン色素が皮膚細胞にとどまることでできますが、ハイドロキノンにはこのメラニン色素を作らせないようにする働きがあるといわれています。

このため、新たな色素が作られなくなり、やがて自然なターンオーバーによって白い肌へと生まれ変わります。特に肝斑(かっぱん)には効果があるといわれ、ニキビ跡の色素沈着にも効果が期待できます。

ただし注意したいのは、ハイドロキノンは紫外線を浴びるとシミを濃くしてしまうということです。日中にハイドロキノン入りのクリームを使う場合は、UV対策をしっかりとするのが必須。できれば夜の使用のみにしたほうが安心ですね。

アルブチン入りのクリームでシミを予防

美白化粧品によく入っているアルブチンは、美白効果に優れたハイドロキノンにブドウ糖が結合した成分。ハイドロキノンより効果が緩やかで、安全性が高く扱いやすい成分のため、美白化粧品によく使われています。

コケモモなどの植物から抽出する天然の成分「β‐アルブチン」と化学的に合成された「α‐アルブチン」があり、化粧品では肌への負担が少なくなじみのいい「α‐アルブチン」が使用されることが多いよう。

アルブチンには、肌に浸透してメラニン色素を作る酵素であるチロシナーゼの活動を阻害する作用があります。メラニン色素の生成を抑制するだけではなく、色素沈着の予防に効果もあり、シミができる前にブロック。アルブチン入りのクリームはできてしまったシミを消すだけでなく、使い続けることでシミ予防にも効果的です。

頬や目の周りのシミに効くトラネキサム酸

トラネキサム酸は、人工的に合成されたアミノ酸の一種で、古くから医薬品として用いられてきた成分です。1979年に肝斑の改善効果が報告されたことで注目され、美白を目的とした内服薬や化粧品に多く使われるようになりました。
肝斑とは、頬や目の周りなどの広い部分に、左右対称にできる薄くて大きなシミ。肝斑ができる原因としては、女性ホルモンの乱れやメラノサイトの活性化があります。

トラネキサム酸にはシミができている部分で起きている炎症を鎮める働きがあり、それによってメラニン色素ができる前の段階でメラノサイトの活性化を抑え、肝斑ができるのを防ぐのです。

もちろん、紫外線によるシミにも有効。シミ発生物質をブロックし、メラニン色素の生成を抑えてシミやソバカスを防ぎます。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

YA

大人の女性向けの美容情報をどんどん発信します!みんなでキレイになりましょう♡

関連する投稿


美肌への一歩はクレンジングにあり!【アラフォーから始める美肌作り#1】

美肌への一歩はクレンジングにあり!【アラフォーから始める美肌作り#1】

新連載、アラフォーから始める美肌作り。第一回目はズバリ“クレンジング”です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに美肌の秘密をたっぷりと語っていただきます。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


かずのすけの“しない美容” 化粧品を「同じシリーズ」で揃えると害になることも⁉

かずのすけの“しない美容” 化粧品を「同じシリーズ」で揃えると害になることも⁉

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

40代になって「生え際」が気になり始める人は多いのではないでしょうか。年齢からくるお肌のたるみと一緒に、生え際と頭皮も一緒にケア出来たら…。そんなお悩みにぴったりな美容液があります!WOMe編集部で実際に使ってみました。


40周年記念!肌の再生力を促す夜用の高保湿クリーム「キャロリーヌプレミアム Rクリーム」発売☆

40周年記念!肌の再生力を促す夜用の高保湿クリーム「キャロリーヌプレミアム Rクリーム」発売☆

株式会社イノス・ジャポンが肌の再生力を促す夜用の高保湿クリーム「キャロリーヌプレミアム Rクリーム」(以下Rクリーム)を40周年記念商品として発売スタート!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

「年齢とともに食事が食べられなくなってきた」「胃が重い、むかむかする」などと感じることはありませんか? 40歳を過ぎると感じやすくなる「胃もたれ」。どうして更年期に起こりやすくなるのかを解明し、今すぐ症状をラクにするツボや、日常生活の中で胃もたれを予防・改善する方法についてご紹介します。


ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

日々の生活に追われ、食事の時間は適当にお皿をチョイスして料理を盛り付けササッと済ませる…そんな日常になっていませんか?食事は味覚だけではなく目で見てたのしむことで、よりいっそう豊かなものになります。そこで、毎日の食卓からホームパーティまで、ちょっとしたひと手間で華やかに見えるテーブルコーディネート術をご紹介します♪


「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。前回のコラムでは、好きな相手を落とすために網を張る方法をお伝えしました。 今回は、いよいよターゲットの『捕獲』です!ただし、とてもパワフルな方法なので、その気のない男性に使うなど悪用は厳禁です。


実践! 骨盤底筋トレーニング! 骨盤底筋トレーナー岡橋優子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

実践! 骨盤底筋トレーニング! 骨盤底筋トレーナー岡橋優子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

骨盤底筋の大切さ、役割について骨盤底筋トレーナーの岡橋優子さんにお話をうかがった第三回目は実際に骨盤底筋を鍛える方法についてです。簡単にいつでもできるので、ぜひ実践してください。


マスキングテープをインテリアに!? 色々使えるアレンジ法

マスキングテープをインテリアに!? 色々使えるアレンジ法

もともとは塗装などの際、はみ出して作業以外の場所が汚れるのを防ぐ目的で作られたマスキングテープ。最近は、かわいいデザインのものが続々登場し、インテリアやキッチン周り、雑貨のカスタマイズなど、さまざまな活用をしている女性が増えています。手軽に購入できて使い勝手のいい“マステ“で身の回りをオシャレに変身させましょう。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google