それは禁句! 夫を怒らせてしまうNG言葉とは?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#2】 | 大人のワタシを楽しむメディア
それは禁句! 夫を怒らせてしまうNG言葉とは?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#2】

それは禁句! 夫を怒らせてしまうNG言葉とは?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#2】

何気なく口にしたつもりでも、実は夫が傷ついている言葉は意外とたくさんあります。言葉はコミュニケーションの要。不用意な発言が続くと、夫はあなたとの会話を避け、愛情はどんどん冷めてしまいます。忘れてはいけないのは、夫はあくまでも一人の人間であるということ。それでは、具体的にどんな言葉が禁句なのか確認してみましょう。


夫を怒らせてしまうNG言葉:1「もっと稼げないの?」

Getty logo

生活していく上でお金は欠かせません。

子どもが小さいときは外で働く時間も取れず、またパートのような短時間の仕事では思うように稼げない、という女性も多いでしょう。

そうなると、どうしても夫の収入に頼ることになります。

ですが、不況が続く現代では仕事を頑張ってもなかなか昇給がなく、長く勤めていても収入が上がらない、という会社も多いのが現実です。

代わり映えしない給与明細にため息をつきたくなる気持ちはわかりますが、それを口にするのはタブー。

男性は「稼ぎが悪い」=「男として失格」のように感じてしまい、仕事へのやる気が失せてしまいます。

収入の低さを責められることは、社会人の男性として最もプライドが傷つくことです。

「もっと稼げないの?」と詰る妻より、「今日もお仕事お疲れさま」と帰宅したら笑顔で迎えてくれる妻がいる方が、男性はずっとやる気が出ます。

仕事を応援してくれる、支えてくれる妻がいると思うと、男性はもっと喜んでもらおうと思い、仕事にも精を出せます。

収入を上げる手助けをするのは、妻の笑顔でもあるのですね。

夫を怒らせてしまうNG言葉:2「みっともない」「だらしない」

Getty logo

年をとれば、男女関係なく若さは失われていくし、体型が変わってくることは誰にでも起こりえます。

若い頃はオシャレにスーツを着こなしていたのに、今じゃズボンの上にお腹が乗ってしまうような体になってしまった夫と一緒に出かけるのも恥ずかしい!と思ってしまうのはわかります。「みっともないからもっとましな服を着て!」など言ってしまいそうになりますが、体型など容姿について「みっともない」と言われるのは、夫にとってとても恥ずかしいものです。

また、年齢を重ねると髪が薄くなる男性もいますが、それを「ハゲたね」「恥ずかしい」など妻から指摘されることも、男としての自信を奪われます。

男性は、いくつになっても好きな女性には自分を認めて欲しいもの。

容姿にケチをつけるのではなく、例えば「こんなデザインの方が似合うよ」など体型を上手くカバーする服を勧めてみる、帽子を一緒に選んであげるなど、「今の夫」を受け入れる姿勢があると、夫の方も素直に聞きやすくなります。

その後で、「ダイエットしたらもっと素敵になるかも!」と言えば、夫もその気になるかもしれませんね。

夫を怒らせてしまうNG言葉:3「あなたのお母さんって○○よね」

夫の身内に対する悪口は、NGな言葉の中でもダントツで避けた方が良いものです。

自分の家族を悪く言われて気分を悪くしない人はいませんよね。

「あなたのお母さんって性格悪いよね」
「あなたのお姉さんの価値観が古くて会話がつまらない」
「あなたの弟、足が臭くて一緒にいるの嫌なんだけど」

「自分(夫)の家族に向かってこんなことが言えるなんて信じられない」と、夫婦間の絆が一瞬で崩れます。

結婚すれば、夫の家族はあなたの「身内」にはなりますが、あくまで「他人」です。
嫌なところがあっても、それを夫に言ってしまうのは配慮の欠ける行為。
家族のことを悪く言われれば、夫はあなたに対して信頼感をなくしてしまいます。

嫌がらせを受けているなど解決が必要なことは話し合うべきですが、ただ気に入らないというだけで夫の家族を悪く言ってしまうのは、あなたの人間性を疑われることになるので避けましょう。

夫を怒らせてしまうNG言葉:4「結婚しなければ良かった」

夫婦げんかなど、感情が高ぶるとついキツいことを言いそうになりますが、「何で結婚したんだろう」のように結婚そのものを否定する言葉は止めましょう。

これを言われると、夫の方は「悪かったな!」と余計に頭に血が上り、仲直りも難しくなってしまいます。

「結婚したことを後悔している」言葉は、二人の関係を根本から破壊するような力があることを忘れてはいけません。

「後悔しているならもう離婚しよう」と後戻りのできない事態に進んでしまうこともあります。ショックで頑なになった男性の心はなかなか元には戻りません。

もし思わず口にしてしまったときは、改めて

「あなたと結婚できて良かった」

という気持ちを夫に伝える必要があります。

それがないと、夫はいつまでもあなたに対して「結婚を後悔させている」という不信感を持つことになります。

結婚を否定する言葉を口にすることは、二人の関係を否定することと同じです。

うかつに言ってしまうと、すべてを失うことにもなる、と思いましょう。

夫婦は対等 どちらかが一方的に偉いわけではない

Getty logo

「逆鱗に触れてしまうNGな言葉」とは、言い換えれば「自分が言われたら傷つく言葉」でもあります。
夫婦は対等な関係であり、どちらか一方が偉いということはありません。
だからこそ、お互いを尊重する姿勢が必要であり、言葉は円滑なコミュニケーションのために大切にするべきものです。

不用意な発言でお互いの信頼を損なわないように、「自分が言われたらどう思うか」を忘れずにいたいですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

会社で理不尽なことをされたり、心ない言葉で傷つけられたりしたとき、どんな風に対処していますか?今回はそんな嫌な思いをした時に、ポジティブ心理学を使って気持ちを切り替える方法をお伝えします。


不倫男が「離婚しない」理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

不倫男が「離婚しない」理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

奥さんとは離婚すると言いながら離婚しない不倫男…。ついその言葉を信じて待ってしまい泥沼に。よく聞く話ですが不倫をしている男性はいったいどんな心理で不倫をしているのでしょう? 不倫の果てに何があるのか…恋愛コラムニスト神崎さんにぶった切っていただきました。


「嫌いな人」「苦手な人」の対処法 大人の上手な人付き合いのコツ

「嫌いな人」「苦手な人」の対処法 大人の上手な人付き合いのコツ

あなたには嫌いな人、苦手な人がいますか? 仕事やプライベートでどうしても関わらなきゃいけない人たちのなかにそういう人がいると辛いですよね。私が我慢しなきゃいけないのかな?このままじゃストレス溜まるいっぽう・・・大人の悩みは尽きません。そんなあなたに自分らしさはそのままに、うまく彼や彼女らと付き合う方法をお教えします!


もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

「不倫は文化」という石田純一の名言がありましたが、ここ数年は「不倫」「婚外恋愛」がある種カテゴリ化されている風潮があります。映画やドラマ、小説などのフィクションならいいですが、現実となると失うものが大きいですよね…。そこで、いろいろな立場、視点から不倫の疑似体験ができる小説を5つ紹介。果たして不倫の恋の結末は…。


子育て方針の違いから口論に… 夫と妻の意見を合わせる上手な話し合い方【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#19】

子育て方針の違いから口論に… 夫と妻の意見を合わせる上手な話し合い方【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#19】

子どもの教育について、夫と方針が食い違う。説明してもわかってもらえない。 子どもを大切に思う気持ちは同じです。ケンカになるのは、「どちらが正しいか」を競ってしまうから。「正解」ではなく「道」をふたりで見つけるには、何より子ども自身の幸せを考えることが大切です。 どうすれば意見を合わせることができるのでしょうか?


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

90年代のドラマを観ると、なんだか不思議なパワーをもらって元気になりませんか? そんなテンション上がる90年代のドラマの中でも、特にエネルギーに溢れている3作品をご紹介します。タイトルに「!」がついているだけで、「元気になりそう!」ってワクワク期待しちゃいますね。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージについてお伝えしてきましたが、今回は大切な膣のトレーニング方法についてご紹介します。膣がゆるむと尿漏れするだけでなく、酷い場合は子宮が膣から出てきてしまうのです!ぜひ実践してくださいね。


目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

40歳を過ぎてから坂を転がるように、肌や顔に難を感じることになった40代女性も多いのではないでしょうか。スキンケア方法を変えてみたり、自分でできるマッサージを試したり、ちょっと贅沢してエステに行ってみたり…でも、なかなか改善しない。しかし目元や口もとのシワをこのままにしておいていいわけない! ということで、何とかしたいと健康・美容家電ブランド、HEALTHPIT(ヘルスピット)ショールームにお邪魔しました。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google