離婚より手軽? 増えつつある「仮面夫婦」その実態とリアルとは【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#6】

離婚より手軽? 増えつつある「仮面夫婦」その実態とリアルとは【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#6】

「仮面夫婦」と聞くと、思わずドキッとする人もいるかもしれませんね。夫婦仲が冷めている、お互いに関心がない…。 既に夫婦として破たんしているつながりでありながら、離婚せずに生活をともにしている状態とは、どういうものなのでしょうか。その実態とリアルをご紹介します。


どんな状態が「仮面夫婦」なの?

Getty logo

いつもふたりで行動しているのを見かけるし、笑顔で会話もしているし、あそこの夫婦は仲がいいなぁ。

そんな羨ましいと思うふたりであっても、実は「仮面夫婦」だった、というのは実際によくある話です。

・外では仲睦まじくふるまうけど、家庭内でふたりきりのときはお互い視線も合わさない。
・会話は最低限で済ませている。
・でも、子どもの前では「良い両親」と思わせるために笑顔で会話をしている。

そんな、「愛情は冷めきっているけど“仲の良い夫婦”を演じている」状態が、仮面夫婦です。

まさに、仮面をかぶって夫婦という役柄をこなしているだけ、ということですね。

ふたりともそうであるときもあるし、どちらか一方だけが配偶者に悟られないように「仮面をかぶっている」場合もあります。

見るからに雰囲気の悪い夫婦と違い、外から伺うだけではわからないのが仮面夫婦。

しかし、そもそもどうしてそんな夫婦になってしまうのでしょうか?

仮面夫婦になる最大の理由は、「関心をなくす」こと

Getty logo

夫婦として長い年月を重ねる間には、いろいろなことが起こります。

例えば、どちらかが浮気や不倫をして信頼を失ったり、小さな不満が積み重なっていくうちに愛情がすり減っていったり、夫婦としての絆が育たないまま過ごしてしまう。

子どもができてからは、仕事や家事、育児などで揉めることが増え、問題を残した状態で過ごしてしまう。

不信感を募らせる、不満を抱えたまま生活を続けていくと、互いに関心を向けることに疲れてしまいます。

でも、

・夫婦げんかにエネルギーを向けるのは面倒くさいので、話し合うことを避ける
・「良い配偶者」と見えるようにふるまうことで自分の体裁を守る
・とりあえず今の家庭を壊す気はないので、表面上は「良い夫婦」であろうとする

など、ふたりが改めて向き合うことではなく、「関心を持っていない」ことを取り繕う方向に心を向けてしまうと、形だけの夫婦を続けることになります。

これが、仮面夫婦になる最大の理由です。

離婚より「手軽」な仮面夫婦

Getty logo

普通なら、相手への不満がたまりまくって「我慢できない!」「もう一緒に暮らせない!」と思えば離婚を考えます。

既に愛情をなくした相手と暮らすことは精神的なストレスも大きく、離婚した方がお互いのためになる、と思いますよね。

ですが、仮面夫婦の場合は「離婚は面倒くさい」「既婚者という立場を守りたい」など、離婚することには消極的です。

離婚の煩わしさより今の「形だけの夫婦」の方が楽だと思うのは、関心を持てない相手であっても「とりあえず一緒には暮らせる」から。

生活に必要最低限の「配偶者としての義務」をこなせば良いだけなので、逆に言えば結婚を続けることで「同居人」としてのメリットは大きいまま過ごすことができます。

子どもがいる場合は親としての役割をふたりで果たすこともでき、「家族」としての体裁も守れます。

仮面夫婦で過ごすことは、離婚より「お手軽」な選択肢なのですね。

仮面夫婦の生活は「会話がない」のが最大の特徴

Getty logo

仮面夫婦は、家庭内では必要最低限の会話しかしません。

朝や寝る前の挨拶もなければ、「お疲れさま」「ありがとう」といったお互いにかける愛情の込もった言葉は極力避けようとします。

子どもがいる場では「良い親」と写るように仲良くふるまうこともありますが、基本的に相手との接触を望まないのでひとりで過ごす時間をより多く持とうとします。

実際に仮面夫婦であることを自覚している妻側の話を聞いてみると、

「寝室は何年も別。休日は子どもが家を空けるときはどちらか外出して同じ空間に居ないようにしている」

「子どもの前では会話するけど、居ないときは何も話さないし尋ねることもない。仕事がどうなっているかも興味がないし、お給料だけ渡してくれれば良いと思っている」

「他人の前では仲良く見えるように笑顔も作るけど、普段家では話さないから会話が噛み合わないときがあってヒヤリとする。とりあえず恥をかかなければ良い」

など、「夫のことはどうでもいい」という気持ちが垣間見えます。

夫側も似たような様子であることが多く、「浮気していてもわからない」という意見もありました。

お互いに興味がないので、どう過ごしていようと構わないという姿勢でいるのが仮面夫婦なのです。

本来愛し合って結婚したはずなのに、いつの間にかすれ違ってしまい、それを放置した結果が仮面夫婦という姿です。

「関心がない」というのは、人間同士のつながりとしては破たんしています。
「夫婦」という枠組みによって何とか関係が保たれているだけであり、その絆は非常に脆いものであることが、仮面夫婦の実態なのです。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

【夫婦のカタチを考える】他の夫婦や家庭を“羨ましい”と思ってしまうことありませんか?立派な家や車を持っている、夫がイクメン、高給取り、子どもが良い子… ですが、それは本当にあなたの幸せなのでしょうか? 他人にばかり目を向けて羨むのではなく、自分の夫や子どもへ目を向けて幸せを感じてみませんか。


人生100年時代 夫婦で考えておきたい心構え【幸せ夫婦コミュニケーション術 #99】

人生100年時代 夫婦で考えておきたい心構え【幸せ夫婦コミュニケーション術 #99】

【人生100年時代の夫婦の在り方】これからの時代、人生は100年と言われています。子どもが60歳で巣立ったとして、そこからの40年を夫婦ふたりで過ごすとして、どんな心構えでいたらいればいいのでしょう。幸せ夫婦コミュニケーションコラムニストひろたかおりさんに教えていただきました。


実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

不倫なんて、我が家には縁のない話。そう思っていたのに、最近夫にあやしい行動が目立つ。不倫をしているとどこか違和感のある態度が出るようになり、それがきっかけで不倫に気がついた、という妻も多くいます。そこでどんな夫の態度がサインとなったのか、実際に不倫され気が付いた妻の声をご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター