無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】 | 大人のワタシを楽しむメディア
無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

相手への愛情が冷え切っていても、見せかけの関係を続ける「仮面夫婦」。相手が何をしていようと関心がありませんが、浮気や不倫なども黙認、または公認になっている家庭もあります。そんな仮面夫婦の実態とはどんなものなのでしょうか。


【仮面夫婦の実態:1】不倫は珍しくないのが実情

Getty logo

そもそも、夫婦としてのつながりが破たんしている仮面夫婦は、どちらかもしくは両方が不倫をしていることも珍しくありません。

家庭では寝室は別、スキンシップももちろん皆無なので、セックスの相手などは「外で作る」ことになります。普通の夫婦なら、配偶者以外と関係を持ってしまった場合は罪悪感を覚えて隠そうとします。不倫はあくまでも夫婦として「やってはいけない」という常識があるのですね。

ですが、仮面夫婦の場合は、お互いに愛情がないので隠そうという気持ちがなく、もとより罪悪感を持つこともありません。妻側の意見では「外で処理してくれた方が気が楽」と考える女性も多く見られます。

【仮面夫婦の実態:2】夫に触られるのも気持ち悪い・・・

仮面夫婦となって数年経つ40代の女性に話を聞くと、

「夫とは普段から必要最低限の会話しかしないし、同じベッドで眠るのも嫌。触られるなんてありえないから、外で不倫でもしてくれた方が助かるし、向こうもそのつもりで『彼女』を作っている。『彼女』のことは以前から知っているけど、別に嫉妬もしないし仲良くやってくれれば家庭が平穏でいいかな。ただ、離婚してとか言い出されたら困るけど・・・」

と、相手の存在が「公認」になっている家庭もあります。夫がほかの女性と関係を持っていてもやはり関心はなく、それより離婚にならないように付き合って欲しいというのが本音です。

【仮面夫婦の実態:3】恋愛対象は「外で作る」もの

Getty logo

本来なら、愛情は夫婦がお互いに向け合うものです。

ですが、仮面夫婦の場合は、恋愛対象となるのは「配偶者以外の異性」になります。形だけの夫婦関係を続けていても、やはり誰かを愛したくなるし、愛されたいときもあるでしょう。それでも、一番身近な存在であるはずの配偶者には愛情が向かず、家庭の外に相手を求めてしまいます。

「うちはもう仲が冷え切っているから」
「お互い愛情がないし」

という言い訳ができるので、配偶者以外の異性を好きになることに違和感も罪悪感もありません。それは、「配偶者がこんな自分をどう思おうと関係ない」という無関心も理由です。

「どうせ悲しむこともないだろう」
「バレたって何も変わらない」

と思うことは、相手の気持ちも存在も尊重していない証。そんなつながりを配偶者と持ちながら、恋愛は外でする、という選択をするのが仮面夫婦なのです。

不倫で慰謝料を請求されることも

しかし、上の女性も述べているように、家庭の外に恋愛の対象を求めてしまうことは離婚につながる可能性もあります。自分たちはそれで良くても、「彼氏」「彼女」の方はそうはいかなくなるからです。

家庭の外でほかの異性とどんな関係を持っても、自分が「既婚者」であるという立場は変わりません。結婚したままでほかの異性と肉体関係を結んでしまえば、それは不倫となり、相手から訴えられる可能性があります。

相手が独身であった場合、最初は「割り切った関係」と思っていてもいずれ「結婚したい」という欲が出ることがあります。そうなると、相手から離婚を迫られたり、それが叶わないなら慰謝料を請求されて別れることを要求されたりと、自分が既婚者であることが仇になるのですね。そんな問題が家庭内に起こると、仮面夫婦であってもけじめをつけたくなる人もいるでしょう。

波風を立てずに過ごしていたいのが仮面夫婦のはずなのに、配偶者の不倫によって金銭を失うようなことがあれば、生活そのものが立ち行かなくなります。これを機会に離婚するという流れに発展すれば、浮気相手も家庭も両方失うことになりますね。

【仮面夫婦の実態:4】子どものために離婚を決意する

Getty logo

仮面夫婦の中で育つ子どもは、親同士に愛情がないことを敏感に察します。

ふたりが自分に笑顔を向けてくれるとしても、家庭内には情の通ったあたたかい空気が流れないからです。不安定な環境で過ごすだけでも子どもに良い影響はありません。そこに親が不倫などで余計に家庭への関心を失っていくと、置いてけぼりにされた子どもはどんどん居場所を失っていきます。

そうなると、子どもは不登校や非行を繰り返すことで親の気持ちを引こうとします。

自分たちの状態のせいで子どもに悪影響が出ているとわかれば、今後どうするかを考える必要があり、そこで離婚を選択する夫婦もいます。いずれにせよ、いびつな夫婦関係から不倫に発展すれば、その「代償」を必ず払うことになります。

仮面夫婦を選んだのは自分たちですが、周りの人たちすべてがそれに賛成してくれる、受け入れてくれるような都合の良い展開はありません。そのことを肝に銘じ、周りを巻き込まない覚悟で続ける必要があるのが、仮面夫婦というあり方です。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

NHKの番組「あさイチ」でも取り上げられ、話題になった「名前のない家事」。些細なことだから家族の誰も気にしないけど、いつもやるのは自分だけ……だと、ストレスが溜まりますよね。「名前のない家事」は見える化してみんなで負担するようにしましょう。ポイントは、「その場で済ませられる仕組み」を作ることです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「旦那とセックスしたくない…」“夫やパートナーと3回セックスしたくないと思ったら見直し時”。夫婦仲相談所の三松さんはそう語ります。産後やライフスタイルの変化、加齢…セックスしたくなくなる理由や原因には根深く複雑な女心が絡んでいるようです。


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google