記事総数:117

公開中の記事


キレイに痩せたい!そんな時におすすめのチーズ

キレイに痩せたい!そんな時におすすめのチーズ

キレイに無理なくやせるためには食事を見直すことが大切です。極端な食事節制をした場合、体を壊したり、貧相な体つきになってしまったりするだけです。良質な栄養を摂りつつ運動をしていく必要があります。今回は、そんな「良質な栄養素」としてチーズを紹介します。「きれいにシェイプアップ!」を目指している人はぜひ読んでみてくださいね!


キレイになれるパワースポットで美容関連運アップ!

キレイになれるパワースポットで美容関連運アップ!

きれいになりたい、というのは古今東西、女性なら誰もが持つ願いなのではないでしょうか。日本には数多くの神様がいるため、このような女性の願いに寄り添う神社があります。今回は、女性守護の神社や、美容運をアップしてくれると言われている神社を紹介します。


知っておきたい!更年期に起こる症状とその原因とは?

知っておきたい!更年期に起こる症状とその原因とは?

更年期になると、女性ホルモンの乱れからさまざまな身体やメンタルのトラブルが発生します。主な症状に、生理周期が乱れる「生理不順」顔の火照りなどの「ホットフラッシュ」また小さなことでもすぐにイライラしてしまうといったメンタル的な不調があげられます。こうした、「更年期に起こりうる症状とその原因」についてご紹介します。


40代から気になる更年期 若年性更年期とは?

40代から気になる更年期 若年性更年期とは?

通常、更年期とは閉経をはさんだ45歳から55歳までの約10年間のことを指します。ですが、近年では「若年性更年期」と言って、まだこの年代に達していないにも関わらず、更年期障害が起こってしまう人が増えています。 このような「年齢による更年期の違い」には、どのような要因が関係してくるのでしょうか?


月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

30代後半から40代前半にかけた、いわゆる「アラフォー」世代では、生理不順や月経前症候群(PMS)が酷くなるなどの症状が起こりがちです。「これって、もしかして更年期?」と心配になる人もいるでしょう。こうした、アラフォー世代が悩んでいる「生理」に関する不調に関してまとめてみました。


シワケア化粧水の成分に注目!必ず必要なのはセラミド?

シワケア化粧水の成分に注目!必ず必要なのはセラミド?

シワ対策は乾燥を防ぐことと紫外線に当たらないことが有効ですが、それと同じくきちんとしたスキンケアも大事。シワ対策用の化粧水は、どのようなものが効果的なのでしょうか? 今回は、化粧水の配合成分について探ってみたいと思います。


見た目年齢はシワで決まる?シワ予防で若返らせよう

見た目年齢はシワで決まる?シワ予防で若返らせよう

シワが気になりだすと、一気に老け込んで見えてしまいます。昔から「若く見えるね」と周りから評判だったとしても、シワがあるとないでは大違い。シワがあることで、どの程度老け込んで見えるのでしょうか? 今回は、その実態について迫ってみたいと思います。


シワの原因は生活習慣にアリ! 生活改善は今からでも遅くない!

シワの原因は生活習慣にアリ! 生活改善は今からでも遅くない!

ふとしたときに気づいてしまうシワ。保湿をしっかり行い、シワの生成を抑えるのはもちろん重要ですが、生活習慣を改善することでもシワを予防することができます。生活習慣を見直して、シワの生成を抑えましょう!


え?いつの間に増えたの!?シワが出来る原因とは

え?いつの間に増えたの!?シワが出来る原因とは

メイク中やお風呂上がりなど、鏡で自分の顔を見ていて、ふと「あれ…こんなところにシワなんてあったっけ…?」と思ったことはありませんか? シワは、避けては通れない老化現象ではありますが、漫然とその発生を見過ごすわけにはいきませんよね。まずはシワのできる原因を探りましょう!


紫外線の一番強い時間帯は?注意する時間帯を教えて

紫外線の一番強い時間帯は?注意する時間帯を教えて

紫外線は年間を通じて降り注いでいますが、5月から9月に最も多く、時間帯では10時から14時と言われています。紫外線は肌の老化のもととは分かっていても、完全に阻止するわけにもいきません。しかし、少しの工夫やケアで紫外線を浴びる量を減らすことはできます。


UVカットメガネやサングラスで紫外線から目を守ろう

UVカットメガネやサングラスで紫外線から目を守ろう

UVケアを万全にしたつもりなのにシミができてしまったのはなぜ?と、後悔しないためにも紫外線対策をしましょう。実は、紫外線に反応するのは皮膚だけではありません。目から入る紫外線はあなどれません。後悔しないためにも、UVカットのメガネやサングラスで紫外線から目を守ることが大事です。


更年期のめまいやイライラ…その原因と対策とは

更年期のめまいやイライラ…その原因と対策とは

更年期障害の症状として挙げられるのが、「ホットフラッシュ」と呼ばれる顔の火照りや異常な発汗、それにともにあってめまいや少しのことでイライラしてしまうというメンタル部分の不調があります。それらの身体の不調は、どのような要因によって引き起こされるのでしょうか?


なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

更年期障害とは、閉経を挟んだ45歳から55歳の約10年を目処に、体調の乱れや精神が不安定になるなどの症状が起こります。要因としては、閉経に伴って、女性ホルモンの分泌が低下することによって起こると言われています。こうした「更年期障害」ですが、どのような症状が現れるのでしょうか?


デトックスだけじゃ物足りない!ほうれい線を消す魔法の食べ物とは

デトックスだけじゃ物足りない!ほうれい線を消す魔法の食べ物とは

ほうれい線にはマッサージが有効。しかし、マッサージだけでは、ほうれい線を消すことは出来ません。スキンケアによる外側からのほうれい線対策や、食事による内側からの対策が必要となります。今回は、食事によるほうれい線対策に有効な成分をご紹介いたします。体の内側からのアプローチで、ほうれい線を目立たなくしちゃいましょう。


エイジングだけじゃない!ほうれい線ができる意外な生活習慣とは?

エイジングだけじゃない!ほうれい線ができる意外な生活習慣とは?

気付いたら出来てしまっているほうれい線…。たるみや乾燥以外にも、ある生活習慣によってほうれい線を出来やすくしてしまっている場合があります。生活習慣が原因のほうれい線は、意識を少し変えるだけで予防することが出来ますよ。さっそくチェックしていきましょう!


化粧水でマイナス5歳!?ほうれい線を消すスペシャルケア大公開

化粧水でマイナス5歳!?ほうれい線を消すスペシャルケア大公開

年齢を重ねるごとに気になるしわやたるみ。特に“ほうれい線”は、お肌の悩みの中でも特に気になるところですよね。正直、1度出来てしまったほうれい線を完全に消し去ることは難しいですが、日々のスキンケアでほうれい線を薄く、これ以上出来にくくさせることは可能。今回は、ほうれい線を消すためのスペシャルケア法をご紹介いたします!


まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

30代までは化粧で隠せたほうれい線。40代に入ってしまうと更に深く根強くなっていき、化粧だけでは隠せないほどに。ほうれい線の解消・予防のために必要なのは、顔のたるみの解消、肌の保湿力アップ、肌にハリや弾力を与える など。ほうれい線にしっかりアプローチ出来る化粧品を使って、いつまでも若々しい肌を保っていきましょう。


友だち追加


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング